ストレスによるつらい偏頭痛の症状と原因と対処法は?

長時間デスクワークをした後や、ストレスがたまった時などに、首筋がいたんだり、後頭部の偏頭痛がひどくなります。

偏頭痛の症状

頭を締めつけられるように痛みます。鈍くてじわじわと広がる痛みで、肩や首のこりを伴います。前駆症状として、眼のまえにきらきら光るもの、雲のような暗点、視野の欠損がみられることもあります。

鎮痛剤などで一時的に頭痛が治まっても、長時間うつむき姿勢を続けたり、ストレスが高じると、また偏頭痛が始まることが多く慢性化しがちで、女性が男性に比べ2倍くらい多いのが特徴です。

偏頭痛は、前駆症状のあるものと前駆症状のないものとの2種類に分類されます。

偏頭痛の原因

首筋や肩の筋肉が収縮して起こる血流障害で、ストレスや過度の緊張、過労が誘因なります。

身体的なストレスとして、うつむきや上を向いたままなど、首筋、肩、背中に負担がかかる姿勢を長時間続ける、長時間に及ぶパソコン作業などで同じ姿勢を長時間続けると、血流が悪くなり偏頭痛が起こります。

精神的なストレスとして職場の人間関係のもつれ、環境が変わったなどの緊張感から、ストレスがたまります。

家庭内での問題や心配事によるストレスもあります。自律神経が刺激されて血管が収縮し、筋肉の緊張が起こります。

偏頭痛の治療について

長時間のデスクワークでは1時間に5分~10分間の休憩をとり、体操を行いましょう。気分転換にアウトドアでスポーツやハイキング、ショッピングを楽しむのもストレスの発散になります。

それでも痛みが止まらない、次第にひどくなる場合は、内科または神経内科を受診しましょう。

偏頭痛を防ぐには、普段から適度な睡眠をとり、ストレスをためない生活を心がけましょう。鎮痛剤の連用により逆に頭痛を誘発していることもあります。鎮痛剤を月に10回以上も飲んでいる場合は、医師の適正な治療を受けることをおすすめします。

偏頭痛のときの注意点と対処法

からだを動かすと、偏頭痛が悪化することが多いので、偏頭痛が起きたら、照明を落とし静かな部屋で横になると痛みが和らぎます。

目覚めとともに頭痛は消失していることがあります。痛む箇所を冷水で絞ったタオルで冷やすと、血管の拡張が抑えられ痛みが緩和します。

偏頭痛が起こると、光や音、においに敏感になったり、吐き気や嘔吐が伴うこともあります。運動、入浴、お酒が痛みを強めることもあるので注意しましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ