偏頭痛の原因は「ストレス」!?その理由と対処法は?

偏頭痛はなかなか良くならないといわれていますが、原因を突き止めることで対処法が見つかり、今後の生活も楽になります。

そしてその原因として考えられるのが「ストレス」です。

ストレスによる脳への影響

ストレスは誰にでもあるものですが、そんなストレスが引き金となって偏頭痛を起こしてしまうことが良くあります。

それは、脳内の物質であるセロトニンが関係しています。セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質で、分泌されていると精神が落ち着くと言われています。

しかし、このセロトニンが過剰分泌されることで偏頭痛を引き起こしてしまうというのです。ストレスを感じると脳内の血管は拡張されます。するとセロトニンはどうにかこれを納めようとして、多量に分泌されるのです。

そのせいで血管は収縮されるのですが、その後はセロトニンが急激に減ります。するとサイド血管が拡張してしまいます。拡張・収縮・拡張を繰り返した血管は炎症を起こし、それが脳に伝達されて痛みを感じてしまうのです。

セロトニンが分泌されやすいのは個人の体質にもよりますので、ストレスで偏頭痛になるかどうかはその人次第ともいえます。心当たりがある人はまず原因を取り除くことが大事です。

ストレスを発散して!

自分なりのストレス解消法を探し、少しでも頭痛が起きないように工夫をしてみましょう。ストレスが原因で偏頭痛が引き起こされることが分かりましたが、自分はストレスに強いから関係ないと考えている人もいるかもしれません。

しかし、精神的に強いと思っている人でもストレスで偏頭痛になる可能性は十分にあります。ストレスは決して精神的なものだけではなく、肉体的な疲労も関係してくるのです。睡眠不足や連日連夜のハードなスケジュールのせいで疲労が蓄積され、頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

最近どうもズキズキと頭が痛むなという人は、体の疲れが溜まっているのではないでしょうか?一度自分の生活を見つめ直してみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ