吐いてしまうほど痛い偏頭痛!偏頭痛との上手な付き合い方 32歳 K.M.さん

偏頭痛もちは本当に辛いです。かといって病院に通えば治るというものでもありません。ではどのようにつきあっていけばいいのでしょう。

偏頭痛になりはじめたのは、小学校低学年頃からでした。そして大人になった今でも偏頭痛に悩まされています。私と同じような方も多いのではないでしょうか。

一番辛かった偏頭痛

27歳の時、その日ずっと頭が痛かったのです。その時は薬を飲まず、夜になれば治るだろうと思ってました。しかし、夜になればなるほど、痛みは増していったので寝ようと思い横になりました。

しかし、頭が痛すぎて眠りにつくことができませんでした。横になっていても頭がズキズキしてすごく辛かったです。眠りにつくどころではなかったです。

ついには吐き気までしてきました。結果吐いてしまったのですが、すごく楽になりました。

偏頭痛になる時

朝から痛くなるときが多いです。朝目覚めたときすでに頭痛がすると憂うつです。

あと、その日の天気も若干関係あると思います。やはり雨の日や曇りの日は偏頭痛が起きやすくなると思います。湿気が多いとそうなるのかもしれません。

偏頭痛の対処法

対処法といわれると一番に思い付くのはやはり薬でしょう。市販の鎮痛剤を使っています。鎮痛剤にも色々種類があるので、試してみて自分に合う薬を探してみてはいかがでしょう。

薬以外の対処法として、吐いてしまうのも立派な対処法です。吐いてしまうとびっくりするくらい楽になります。ある意味薬よりいいかもしれません。

しかし、いつでもどこでも吐けるわけではないので、あくまで吐きそうになればの話なので、無理矢理吐くということはしないでください。

あと、頭全体をマーサッジするのも効果があります。爪はたてず指の腹で優しく揉みほぐす感じです。自分でするのが苦手な方は、誰かにしてもらうのも手です。

偏頭痛とのこれからの生活

偏頭痛持ちは治るものではないので、一生つきあっていかなければいけません。

先に書きました対処法も参考にしていただいて、偏頭痛と上手に付き合っていただければ快適な生活が送れるのではないでしょうか。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ