尋常じゃない痛み!就職後から頻発する偏頭痛発作に悩まされて 25歳 T.R.さん

元々は頭痛って何?というくらいの体質でした。

しかし大学から一人暮らしを始め、同時に生理前や季節の変わり目に頭痛がするようになりました。ロキソニンや生理痛の薬で誤魔化しながら、なんとか生活に支障はなく、卒業しました。

就職後、急激に体調が悪化

しかし、就職後から頻発する頭痛に悩まされるようになり、その尋常じゃない痛みに驚くほどでした。

最初はロキソニンで対応していたものの、ほとんど意味はありません。立つことはもちろんのこと眠ることも出来ずに、仕事も休みがちになりました。

原因は何?

あまりの痛みに心配になり、病院にかかると、まず生活を見直すことを勧められました。

気づけば就職により急激に生活の変化があり、体は疲れ果てていました。とても忙しい職場で朝も夜も分からなくなるほど働いていました。

また、たまにの休みはひたすら家で眠り、食事も食べたり食べなかったり…という日々でした。

生活改善を目標に

仕事をしながら生活を改善することは、かなり難しいなぁと感じています。

ただ、神経内科の先生は「完全な偏頭痛発作だから薬を飲むことも選択肢だよ」、と言ってくれていて、あまりに続くなら薬を試してみようかな、と考えています。

ただ偏頭痛がないときは、体を温めたり、食事をきちんと規則正しく食べたり、少しでも体を動かすように気を付けています。また最低限、寝る前に簡単なヨガをしてから眠るようにしています。

発作を誘発するもの

最初はよく分からなかったのですが、最近は偏頭痛になる前の予兆が分かるようになりました。

特に人混みや音や光の刺激に弱くなり、目がチカチカしたり音がうるさく感じたりした時は、早めに帰宅するように心がけています。

家に一人でいる時は部屋を暗くして、ゆっくり体を動かすようなヨガやストレッチをして休日を過ごしています。

発作が起きた時

発作が一度起きると立っていることすら出来なくなり、しかもなかなか治まりません。頭が締め付けられたかと思えばキンキンと痛み、じりじりとずっと痛いままです。

時おり、視界が狭くなり見えづらくなるときもあります。匂いに敏感になり、吐き気を感じることもあります。

神経内科の先生からは仕事をちょっと休むか、薬を服用してみるか、と選択を迫られています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ