セルフケアで予防しよう!偏頭痛とともに悩める緊張型頭痛

家事や仕事など忙しい毎日において身近なカラダのトラブルのひとつに頭痛があげられます。

頭痛は、日常生活において慢性的に起こる偏頭痛や慢性型頭痛などの「一次性頭痛」とクモ膜下出血や脳腫瘍などの病気の症状として現れる「二次性頭痛」の2つに区別されています。

一次性頭痛は、二次性頭痛とちがって慢性的な頭痛のためその痛みを放置してガマンしがちに。そこで偏頭痛とともに多くの人が悩まされている慢性型頭痛についてご紹介します。

緊張型頭痛の原因と症状

後頭部を中心に頭全体が締めつけられるような痛み、毎日一定の重い痛みがだらだらと継続することや肩や首のこりを伴うことが多いです。めまいや目の疲れなどが現れることも多く、精神的なストレスや身体的なストレス(同じ姿勢を長時間続けた後など)により、首から肩や背中にかけての筋肉の緊張が原因といわれています。

筋肉が緊張すると血流が悪くなり、乳酸などの老廃物が蓄積されて筋肉内の神経を刺激して痛みが生じることに。そのためパソコン作業やデスクワークにより同じ姿勢を続けたことで血行が悪くなり首まわりの筋肉が緊張して慢性型の頭痛を引き起こしてしまうことも。

また、最近では偏頭痛と同様に光や音などにより脳を過剰に刺激することによって発症する可能性も指摘されています。

血流の改善!こまめなケアで解消

首や肩などの筋肉の緊張が原因とされる緊張型頭痛では、首まわりの筋肉をほぐして血行を促すことが頭痛の解消への近道となります。入浴などで首まわりを温めることも有効ですが、座ったままでできる首周りの緊張に効くストレッチやマッサージは効果的です。

頭部を支える首はもともと身体の中でも緊張しやすく負荷がかかりやすい部位であり、猫背などによる姿勢の崩れにより日頃から首に大きな負担をかけている場合は頭痛の助長に。正しい姿勢をキープすることや長時間同じ姿勢を続けないことも重要です。

また、市販の鎮痛剤で頭痛を一時的に緩和することも必要ですが、継続する痛みを放置せずに医療機関を受診することもおすすめします。

原因をためこまない!お手軽予防

偏頭痛と同じく光や音が原因の場合もあるため、それらの環境を整えることも頭痛を予防するポイントに。

身近な対策には、パソコンやスマートフォンなどの画面の光量を適正にすることやブルーライトカットのメガネの利用もおすすめです。また、特に暗い中で大音量の音楽を聴く、映像をみたりすることも脳を過剰に刺激してしまうので適度に控えることも大切です。

普段から程度な運動やバランスのとれた食生活を習慣化することも頭痛の原因をためこまない予防策といえます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ