どんな生活習慣で偏頭痛の原因になるのか?

偏頭痛は生活習慣が原因となって現れる事が多いです。

子供のころから頭痛持ちだった、もしくはある年齢を境に頭痛持ちになったという人は、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

生活習慣が原因で偏頭痛に?

まず真っ先に生活習慣の乱れで思い浮かべるのが、睡眠習慣です。偏頭痛は睡眠不足でもなります。睡眠は質が大事なので、規則正しくぐっすりと眠ることが大事です。

ハードワークでいつも就寝時間が遅かったり眠りが浅かったりすると、自律神経が乱れて機能が低下し、偏頭痛も起きやすくなります。寝つきが悪いと訴える人も多いですが、それは自らが行っている生活習慣が原因であることが多いです。

以下の行動は多くの人がついうっかりやってしまいがちですが、どれも睡眠の質を悪くしてしまうものばかりです。

  • 寝る直前までテレビ、ゲーム、スマホの画面を見ている
  • 遅い夕食を摂る(消化しようと内臓の動きが活発になる)
  • 就寝直前にお風呂に入る・カフェイン飲料を昼夜問わず飲み過ぎている
  • 晩酌をする
  • 昼寝のし過ぎ(寝だめはよくない)

「寝つきが悪いからお酒」はだめ!

お酒を飲むと寝付きが良くなるという人もいますが、睡眠不足の原因になりやすいです。確かにお酒を飲んで酔うと眠くなりますが、深い眠りにはよくありません。お酒を飲むと血行がよくなり、目覚めやすくなるからです。

それに利尿作用もあるので、一旦眠りについても結局夜中に起きてしまいます。疲れが取れない、睡眠不足、そして偏頭痛を自覚している人は、睡眠の質をよくするために努力しましょう。

寝つきを良くするためには?

  • カフェインは夕方以降飲まない
  • しっかり休みたいときには晩酌しない
  • お風呂は寝る1時間前、夕食は3時間前までに済ませる
  • 寝る時にはリラックスできる部屋着に着替え、部屋を暗くする
  • 寝る前は本もテレビもスマホもゲームも触らない

これだけ守れば、仕事で遅くなって寝床に入る時間が遅くても、より質のいい睡眠を望むことができます。染みついた生活習慣を治すのはとても大変ですが、努力次第で変えられるので頑張りましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ