偏頭痛の診断や治療は何科に行けばいいか?

偏頭痛は何科に行けばいいか悩んでいませんか。偏頭痛で苦しんでいる人は場合によっては日常生活に支障を来たすほどの痛みがあり、何らかの病気かもしれないという不安も起きかねません。

痛みの軽減を図る治療も一刻も早く行いたいところです。病状や治療法をはっきりさせるためにも適切な診療を受けたいところです。

ではどこの科を受診すればよいのかすぐにわかりますか?

いろいろな科を回ってしまうことも

実際に偏頭痛持ちの人が医療機関を受診する場合、どこの診療科を受診すればよいのかわからず、いろいろな科を回ってしまう場合もあります

脳に異常があると思って、脳神経外科を受診し、各種画像診断を受けても異常が見られないことも少なくありません。精神的ストレスが原因かもしれないと思い心療内科を受診しても、異常はないと診断されることもあります。肩こりのせいかと思って整形外科を受診しても、無関係と診断されてしまうこともあります。

結果として、偏頭痛の原因や治療法を求めて複数の科を受診して、それでもまだわからないという場合もあります。

偏頭痛は頭痛外来へ行きましょう

実は偏頭痛には専門に診療、治療できる頭痛外来という科があります。まだ、開設されている医療機関も少ないためか、一般に広く知られていない傾向があるようです。

偏頭痛は実際にはさまざまな原因が考えられるため、総合的な見地から診断をしてから治療を行う必要があります。一口に偏頭痛といっても、それだけ個人個人によって原因が違うということです。

このことがいろいろな科を受診してしまうことにもつながっています。頭痛外来を受診することで、正しい偏頭痛の診断を受けることができます。

個人に合った治療を適切に受けることができます

偏頭痛は脳腫瘍や脳血管障害、髄膜炎や緑内障、副鼻腔炎などの病気によって起こる場合もあるので、それらの病気がないか診断します。あった場合はそれらの病気を治すそれぞれの科に紹介されます。

それ以外の場合、ストレスや肩こりなどの別の原因を見極めて、それに合った適切な治療を施すことになります。いずれにしろ、痛みを取り除くことを重要に考えて治療は行われます。

鎮痛剤などの薬も使用されますが、頭痛外来では頭痛に効果的な最新の鎮痛療法の知識があるのもメリットです。常に最新の治療を受けることができます。

最後に

偏頭痛は何科に行けばいいかわかったと思います。

偏頭痛には場合によって命に関わる病気が隠されていることもあるので、自分が偏頭痛持ちだと思ったら、頭痛外来をできるだけ早く受診してみることをおすすめします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ