ロキソニンは偏頭痛に効果あり?

市販されている鎮痛剤は非常に多くの種類がありますが、最近話題なのがロキソニンです。

偏頭痛に悩んでいる人の中でもロキソニン愛用者が多いですが、その詳細について見てみましょう。

ロキソニンってどんなお薬?

ロキソニンは第一三共ヘルスケアから発売されている解熱鎮痛剤で、ロキソプロフェンナトリウム水和物が主成分です。以前は病院でしか処方されない医薬品でしたが、最近ではロキソニンSという薬が市販されており、ドラッグストアでも簡単に購入できます。病院で処方されるのと比べると、市販薬の方が胃に優しくできています。

同じロキソプロフェンナトリウム水和剤でできたジェネリック医薬品もありますが、やはり元祖のロキソニンの人気が高いです。偏頭痛の痛みにロキソニンは効かないという意見もありますが、その場合は飲み方を誤っている可能性があります。

ロキソニンはプロドラッグ製剤といって、成分が体の中で吸収し活性型に変化し、その後にようやく効果を発揮できる薬です。つまり、飲んだらすぐに効くというものではありません

事前に飲んでおくと効果発揮

偏頭痛が起こる前や初期の段階で飲めば、良く効果を発揮できます。そもそも偏頭痛の痛みが悪化した後で鎮痛剤を飲んでも、どの薬でも利くことはありません。緊急で薬を飲むときには、くれぐれもタイミングに気を付けましょう。

ロキソニンは第一類医薬品で、薬剤師からでないと購入できない薬です。効果もありますが使い方を誤ると副作用の危険性もあります。市販されているタイプは胃に優しい作りですが、1回の服用量は1錠、1日2回まで、飲む間隔は4時間以上を守って下さい。そして服用時には、水をたっぷり飲むように薬剤師にも指導されます。

水無しで飲むと胃の中までなかなか到達できず、薬の成分が作用をうまく発揮できません。胃や食道の粘膜を荒らしてしまう恐れもあるので、水での服用は大事です。また、薬の成分には体質によって不向きなタイプもあるので、自分に合わないと思ったら服用を止めましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ