多くの人が悩んでいる緊張型頭痛!意外と解消しやすい?

私たちが日常感じる痛みの中で、最も身近な「頭痛」は、「慢性頭痛」「日常的な頭痛」そして「急性頭痛」の、大きく3つに分類されます。

「慢性頭痛」に悩まされている人口は、日本では3000万人とも3700万人とも言われていますから、実に4人に1人が「頭痛もち」ということになります。

「慢性頭痛」には、主に「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」の3つがあり、日本人に最も多いのが「緊張型頭痛」で50%~70%、次いで「偏頭痛」が20%~30%、「群発頭痛」は1%程度と言われています。

緊張型頭痛の特長

「慢性頭痛」のなかで、最も多い「緊張型頭痛」は、頭を圧迫されるような、重く感じる痛みが特徴で、肩こりや目の疲れを伴うことが多いとされています。また、痛みは頭の両側に起こることが多く、日常生活に支障がない程度の場合が多いようです。

「緊張型頭痛」は、頭の筋肉の筋肉痛と考えられ、首筋や肩の筋肉が緊張を続けることによって起こります。頭の筋肉と、首筋や肩の筋肉は連続しているため、たとえばコンピューター作業をしている人のように、長時間不自然なうつむき姿勢を続けたり、歯の噛み合わせが悪かったりというような身体的ストレスがかかったとき、そして、日頃から肩こりに悩んでいる人などの場合、首筋や肩の筋肉の緊張が、やがて頭の筋肉の緊張へと移行するため、「緊張型頭痛」が起こるのです。

緊張型頭痛の治し方

首筋や肩の筋肉の緊張が続くと、いわゆる「こり」となって、血管を圧迫します。これによって頭の筋肉では血行不良が起こり、筋肉内に、発痛物質のブラジキニンやプロスタグランジンなどが産生されます。

そして、これらの化学伝達物質が末梢の知覚神経の受容体を刺激することで、「痛み」として認識されるのです。このメカニズムは、日本人に多い症状の肩こりと同じです。

そうしたことから、ぬるめのお風呂にゆっくり入るなどして、肩や首の筋肉のこりをほぐすと、治ってしまう場合もあるのです。

日常的な頭痛

「頭痛」には、緊張型頭痛のような慢性的なもの以外にも、日常的に起こるものがあります。

頭痛には、「かぜをひいたときの頭痛」「二日酔いの頭痛」「運動をした後の頭痛」など、脳または頭の筋肉の血管が拡張することによって起こるものが多く、偏頭痛と同じように、拍動性の痛みがよく見られます。

また、低気圧が近づくと起こる頭痛、飛行機の離着陸の際に起こる頭痛など、気圧の変化によって起こる頭痛は、気圧の変化によって脳の血管に何らかの異常が起こるためと考えられています。

緊張型頭痛は怖くない!

これまで紹介したとおり、日本人の多くが慢性頭痛である緊張型頭痛に悩まされていますから、そこまで深刻に考える必要はありません。確かに、頭を圧迫されるような重い痛みが特長の緊張型頭痛ですが、そのほとんどが、コリやストレスなどが原因です。

そのため、リラックスを心がけたり、お風呂で患部を温めたり筋肉をほぐしたりすることでだいたいの緊張型頭痛の痛みは治まってきます。逆に深刻に考えるほど緊張型頭痛は悪化しやすとされていますから、日頃から余裕をもった気持ちで生活をしたいものです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ