偏頭痛には薬は効かない?その理由と痛みへの対処方法

頭が痛いと、やる気も出ないし気持ちも沈みがち。

やらなければいけないことが山積みの時は、なんとかして痛みを止めたいですよね。

でも、偏頭痛は痛み止めの薬が効かないということをご存知でしょうか?

どうして効かないのか、薬を飲む以外に対処法はあるのかということをお教えします。

偏頭痛に市販薬は効かない

ドラッグストアに行けば、たくさんの種類の痛みどめがズラリと陳列されています。歯の痛み、頭の痛み、体の痛みなど様々な痛みに効果のある薬が売られていますね。こんなに種類があるのだから、1つくらい偏頭痛に効くものがあるだろうと思うのも納得です。

しかし、残念ながら市販の頭痛薬には、偏頭痛の痛みの原因に直接作用するものはありません。偏頭痛が起こってすぐの軽い段階であれば、なんとか痛みを抑えることはできるのですが、ドクドクと脈打つような激しい痛みになってしまうと効果を発揮してくれない可能性が高いです。

その理由は、偏頭痛のメカニズムにあります。偏頭痛は血管の拡張が原因で起こってしまうのですが、市販薬では血管の拡張を抑える効果のあるものは売られていないのです。血管の拡張を抑える薬がほしければ、病院で医師の指導のもと処方してもらう必要があります。

薬が効かない偏頭痛にはどう対処する?

薬で痛みが抑えられないとなると、どうしたらいいのか困ってしまいますね。まず心がけてほしいのは、痛みが耐え切れなくなるまで我慢しないこと。激しい痛みになると、セルフケアでは対処しきれません。

「ちょっと痛くなってきたぞ」という段階で対処するようにしてください。1.リラックス効果のあるサプリメントを使うシナモンやフィーバーフューなど精神をリラックスさせる作用のあるサプリメントは、偏頭痛の痛み改善に効果的です。

神経の高まりを抑えて心と体をリラックスさせ、痛みを軽減してくれる可能性があります。2.痛みが起こったら静かに休む偏頭痛は周囲の変化に敏感です。痛みが起こったら、まずは静かで暗い場所に移動すること。

目、耳の両方から入る刺激をなるべく少なくしてあげましょう。神経の高ぶりを抑えることが偏頭痛を悪化させないためのポイントです。サプリメントで予防したり、痛みが起こったら静かに休むなどして対処してみてくださいね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ