肩こりは偏頭痛の前触れ?肩こりと頭痛の関係について徹底解説!

何となく肩が凝っていると感じたり、違和感を感じていたら、いつの間にかズキズキと頭が痛くなってきたという経験はありませんか?肩こりと偏頭痛については様々な情報があるものの、両者の具体的な関係については必ずしも明らかではないでしょう。

そこで今回は、偏頭痛と肩こりの関係についてできるだけ詳しく解説をします。

偏頭痛の特徴は?痛みの性質を理解しよう

まずは、偏頭痛が起こる原因とその特徴について簡単に理解しましょう。

そもそも偏頭痛って?

偏頭痛とは様々な要因によって拡張した頭部の血管が、周囲の三叉神経などの神経を圧迫したり引っ張ったりして起こる頭痛のことをいいます。神経が圧迫されることによって炎症を起こし、それが痛みとなって出てくるという説が現在最も有力です。

人によって痛みの続く時間に違いはありますが、場合によっては一日中~数日にわたって痛みが続くケースもあり、簡単に「頭が痛い」と言って割り切ることができない深刻な頭痛なのです。

偏頭痛の特徴

偏頭痛は、特に以下のような症状を伴うことで知られています。

    <偏頭痛の特徴>

  • 頭の側面(片側あるいは両側)やこめかみが激しく脈打つように痛む
  • 運動などをすると症状が悪化する
  • 吐き気や嘔吐が伴う場合がある
  • 人によって前兆や予兆がある
  • 眩しい光や騒音が苦痛になる
  • 肩や首がこる

特に本記事のテーマである肩こりについては、人によって出る人と出ない人がいます。また、普段から肩こりに悩まされている人は実際に偏頭痛が発生したときに、それがどのくらい影響を及ぼしているのかが今一つわからないということも少なくありません。

ですから、実際に肩こりが偏頭痛に直結しているのかどうかを自分なりに確かめてみる必要があるのです。

肩こりと三叉神経の関係は?「こり」と偏頭痛は相関関係にある!

次に、偏頭痛を知るうえで重要な「三叉神経」と肩こりの関係について説明します。このメカニズムを理解することで肩こりと偏頭痛の関係を知ることができます。

三叉神経とは?

偏頭痛についての説明の段で、拡張した頭部の血管が三叉神経を圧迫して痛みの原因となってしまうことを説明しました。ここで、この「三叉神経」についてもう少し解説をしましょう。

三叉神経とは12対ある脳神経の中でも最大の神経であり、主に顔の感覚を脳に伝える役割をもっています。ですが、この神経は私たちの身体全体にも大きな影響をもっており、顔だけではなく首や肩にまで届いているのです。

偏頭痛と肩こりが関係するワケ

偏頭痛は脳の血管が拡張することによって起こるとされていますから、当然その影響は三叉神経を通じて首や肩にまで影響が出ることになります。偏頭痛の前の予兆として肩がこる人もいれば、頭痛に付随して肩がこる人もいるのですが、いずれにしても三叉神経が肩や首、脳まで繋がっているために相互に影響が出るということです。

特に偏頭痛のたびに肩がこるという人は、両者はワンセットになっていると考えるべきでしょう。相互に影響し合っているわけです。

マッサージは危険?肩こりの緩和で偏頭痛がよくなるとは限らない!

続いて、これまで説明してきたメカニズムを前提に、マッサージが偏頭痛持ちにとって危険となる理由を説明します。

マッサージによって血流をよくすると…?

肩こりの緩和といえば、私たちが真っ先に思いつくのが「マッサージ」でしょう。しかし偏頭痛と関係のある肩こりの場合は、このマッサージによって余計に頭痛が悪化してしまう可能性がありますから注意が必要です。

というのも、先ほど説明したように三叉神経を通じて肩や首、そして脳は繋がっています。マッサージによって肩の血流をよくしてしまうと、それが脳の血流にも影響を及ぼすことになるのはすぐにわかるでしょう。

マッサージによって偏頭痛が悪化する可能性がある

そして、そもそも偏頭痛とは脳の血管が拡張してしまうのが原因なわけですから、脳の血流がよくなることによって、ますます血管の拡張が促進されてしまうのです。それによってますます痛みが悪化してしまうことになります。

マッサージによって一時的に肩こりは緩和されるかもしれませんが、それによって脳の血流がよくなり、さらに偏頭痛の痛みが増してしまう危険があるわけです。

さらにそれが原因で再び肩や首のこりが出てきてしまう可能性もありますから、偏頭痛のある状態でのマッサージは控えるに越したことはありません。本末転倒になってしまう可能性があるからです。

物事には順番がある?まずは偏頭痛を治そう!

ここからは、具体的な偏頭痛対策について解説をします。肩こりと偏頭痛の両方に悩んでいる人は、まずは偏頭痛を治すことを心がけましょう。

まずは偏頭痛対策から

したがって、偏頭痛に伴う肩こりを緩和したいという場合でも、まずは偏頭痛の方を何とかしなければなりません。

具体的な偏頭痛対策としては以下のようなものがあります。

    <効果的な偏頭痛対策>

  • 頭部や首筋を冷やす
  • 光や騒音を避け、暗い場所で横になる
  • カフェインなど、血管を収縮させる効果のある飲み物を摂取する

こういったやり方が実際に偏頭痛の痛みを和らげる方法として有効です。

血管を収縮させることに注目しよう

特に「冷やす」という行為は偏頭痛に即効性のある手段です。頭部や首筋を冷やすことによって膨張した血管が収縮しますから、それによって痛みを緩和することができます。

痛みが出るたびにすぐに薬を飲んでしまう人がいますが、まずはこういったやり方で痛みを抑える方法をとりましょう。それでも痛みがひかないような場合に市販の鎮痛剤などを服用することをお勧めします。

肩こりと頭痛は人それぞれ?自分なりに記録しておこう

最後に、自分なりに肩こりと偏頭痛の相関関係を知るための具体的な方法について説明します。

日誌をつけてみる

これまで説明してきたことですが、肩こりと偏頭痛の関係の強さは人によって違います。ですから、自分の肩こりがどれぐらい頭痛に直結しているのかを確かめるようにしましょう。

具体的には偏頭痛が起こったときや、肩こりが酷いときの状態を記録しておくことです。肩こりが実際に頭痛に繋がる頻度を記録しておくことによって、その相関関係の強さを知ることができます。それによって事前の対策が立てられるようになるのです。

日常的に肩こりを持っている人は要注意!

特に日常的に肩こりに悩まされている人は、それがどのぐらいの頻度で頭痛に繋がっているのかを確認するためにも、ぜひ頭痛日誌をつけてみてください。

どういうサイクルで偏頭痛になりやすいのかが分かれば、事前の対策も立てられますし、いざ痛みが出てきたときもどう対応すればよいのかがわかるようになるのです。

まとめ

肩こりと偏頭痛の関係について説明してきました。繰り返しになりますが、肩こりが偏頭痛に繋がる人もいればそうでない人もいます。ですから、自分の肩こりがどういう性質のものかをしっかりと見極めることが肝要となるのです。

そのために、日頃から頭痛や肩こりについての記録をしておきましょう。自分なりに記録をつけてみることで、何がきっかけで偏頭痛に繋がるのかを確認することができますし、それによって初めから頭痛を避けることができるならば、それに越したことはないのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ