辛い偏頭痛をどうにかしたい!私がしている予防法と対処法 女性 34歳 M.S.さん

突然頭に襲いかかってくるあのズキズキ・ガンガンする痛みに苦しむ人も多いのではないでしょうか。

私は4人の子を持つ主婦ですが、偏頭痛とともに吐き気も伴うので全く動くことができなくなるので家事がすべてストップしてしまい本当に困ります。

また、妊娠・授乳期には安易に薬が飲めないし、薬を飲んでも効かないこともしばしば。

そんな時の私なりの対処法についてお話ししたいと思います。

偏頭痛の前兆はあるの?

偏頭痛が襲う前に目の前がチカチカする、空あくびが出る、空腹感が出るなどの前兆があるようですが、私はこれらの症状を感じたことがありません。調べてみると、偏頭痛の予兆を感じる人は全体の20~30%のようです。

前兆があれば事前の対処のしようもあるのでしょうが、偏頭痛に気付いた時にはすでに手遅れになってしまいます。

本当に辛い痛み…予防できるならしたい!

納豆・レバー・ウナギ等に含まれるビタミンB2、大豆・ゴマ・アーモンド等に含まれるマグネシウムは偏頭痛の予防効果があるとされています。

これらは偏頭痛予防の為だけではなく積極的に摂りたい栄養素ですね。普段から過度のストレスを感じることのない生活を送ること、適度な運動で血流を良くすること等も効果的でなようです。

突然ズキズキに襲われて思い出す痛み、そして後悔…

とは言え、普段から偏頭痛を予防する生活をしている人は少ないのではないでしょうか。痛みがない時は偏頭痛の存在すらすっかり忘れているからです。私も2~3カ月に1回ぐらいの頻度で猛烈な痛みに襲われるので、普段はすっかり忘れています。

痛くなった時にはすでに手遅れ、後悔しながら寝込んでしまう…この繰り返しです。

鎮痛薬に頼るしかない?痛くなってからできることはある?

頭痛に襲われてしまったら、食べ物がどうの、ストレスがどうのと言っても仕方がありません。

今は市販されている頭痛薬もたくさんあるのでドラッグストアで相談すればいいでしょう。しかし、妊娠授乳期等で薬が飲めない時はどうすればいいでしょうか。私も「薬が飲めない」と思えば思うほど痛みが増していくような気がして本当に辛い思いをしました。

そんな時は、まずお風呂に浸かって身体を温め、血流を良くしてみます。また、お風呂に入ることですっきりし、それだけで痛みが緩和されることもあります。次に、肩をマッサージします。

肩こりと偏頭痛は直結してると私は思っています。あまり揉みすぎると却って痛みが増したりもするので加減が必要です。そして、一通り家事を済ませると早めに寝ます。

私はいつも寝たら治ります。寝て治らなかったらクモ膜下出血等、恐ろしい病気の予兆かもしれないので、その時は速やかに受診するべきでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ