緊張型頭痛の原因は日々の姿勢にあり!仕事中にもできる簡単ストレッチで予防

緊張性頭痛は、その名の通り体が「緊張」することで痛みを誘発してしまう頭痛のことです。

安静にしていた方がいい偏頭痛とは違って、体を動かすことで痛みが軽減するという特徴があります。

まずは、自分がどんなタイプの頭痛なのかどうかを確認してみましょう。

自分の頭痛の原因は何かを知ること

「頭が痛い」といっても、どんなふうに痛むのかによって、頭痛を引き起こしている原因は変わりますし、原因が違えば対処の方法だって違います。

あなたが悩んでいるのはどのような痛みでしょうか?緊張性頭痛というのは、冒頭でもお伝えしたように体の筋肉がガチガチに緊張してしまうことが原因で起こる頭痛です。チェックするためのポイントは2つ。

1つ目は、痛みの出方です。キューッと頭全体を締め付けられるような痛みなら、緊張性頭痛の可能性が高いです。2つ目は、痛みが起こった時に体を動かしてみること。動かして痛みがひどくなれば偏頭痛、軽くなれば緊張性頭痛です。

緊張性頭痛はどのように予防したらいいのか

緊張性頭痛は日本人の国民病とも呼ばれる慢性頭痛症です。その原因の1つが、長時間のデスクワーク。休憩する時間もなく、黙々とパソコンに向かっている、事務処理をしているという人ほど要注意。

同じ姿勢で長時間作業を続けることは、体の筋肉をガチガチに緊張させます。ガチガチに緊張した筋肉は血流を悪くして、血液の流れがスムーズにいかなくなることで、キューッと締め付けられたような頭痛が起こってしまうのです。

予防のためにできるのは、1時間に1回は椅子から立って体を伸ばすこと。筋肉をほぐしてあげれば、緊張性頭痛は起こりにくくなります。

緊張性頭痛が起こってしまったら体を動かす

緊張性頭痛が起こったら、まずは体を動かすことです。ストレッチをしたり、肩周りの筋肉をほぐしたり、可能なら外に出て空気を吸うのもいいでしょう。頭に痛みがあると動きたくなくなるものですが、緊張性頭痛はじっとおとなしくしていると、ますますひどくなる可能性があります。

最初は気が乗らないかもしれませんが、体を動かすことで筋肉がほぐれれば、徐々に痛みは軽くなります。万が一体を動かすことで痛みがひどくなるのであれば、いったん休憩しましょう。

もしかすると、それは緊張性頭痛ではなくて偏頭痛かもしれません。偏頭痛の場合は体を動かすのは逆効果です。自分の体の声に耳を傾けて、どうするのが一番かどうかを判断していきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ