偏頭痛と上手につきあうには?予防法と日ごろの対策 女性 36歳 R.R.さん

とても辛い偏頭痛。私は20代前半から頻繁に偏頭痛が起こるようになり、病院にも通院していますが完治することはなく、ずっと悩まされています。

偏頭痛は頭が痛いだけでなく、吐き気やめまい、倦怠感など色々な弊害があり、しばらく何もできなくなってしまうのが辛いところです。

偏頭痛にも色々なタイプがあるようですが、私の偏頭痛との付き合い方を紹介します。

どういった時に偏頭痛が起こる?傾向はこんな時

はっきりと決まっているわけではありませんが、偏頭痛が起こりやすいのは、仕事などが終わって精神的に緊張状態が解けた時や、天気が悪い日や台風の前、ゴロゴロして過ごしてしまった時などです。

他にも突発的に痛くなることもよくあり、病院に通う前の一番ひどい時は平均すると月に10日以上偏頭痛に悩まされていました。

頭痛防止薬との出会いで劇的に改善!偏頭痛の予防法

私は運良く、鎮痛剤が効くタイプなので偏頭痛がきたらすぐに市販の頭痛薬を飲んでいます。

でも、月に10日以上も頭痛薬を飲んでいては胃に負担もかかりますし、出先などで頭痛薬を飲めなかった時は絶望的なので、何とか改善できないかと神経内科を受診しました。

そこで、医師から提案があったのが頭痛防止薬の服用です。毎日飲むことにはなりますが、経済的負担もそんなになく、胃に負担も無いとのことで試してみることにしたのです。

すると、頭痛の頻度はだいぶ減り月に3~5日ほどになりました。でも、梅雨時期などは偏頭痛が多く起こってしまいます。頭痛がくればやはり頭痛薬に頼らなくてはいけません。最近では胃薬と併用するように心がけています。

日ごろから気をつけていることは?ちょっとしたことを意識

ポリフェノールやカフェインなど偏頭痛を悪化させる食べ物はなるべくとらないようにしています。コーヒーとチョコレートが大好きなのでとても辛いのですが…。

あとは規則正しい生活を心がけています。だらだらゴロゴロと過ごしているとすぐに頭痛がしてきてしまうので、休みの日ももっと寝ていたいのを我慢してなるべく早く起き、夜ふかしもしないようにしています。

また、適度な運動もするようにしています。体を動かさないと血行が悪くなり頭痛の原因になるようなので、なるべく歩くようにし、仕事で座っている時間が長い時は合間に軽いストレッチなどをするようにしています。

頭痛薬を飲めない状況で偏頭痛が起こってしまったら?

これは本当に辛いので、家に頭痛薬を多めに常備しているのはもちろんのこと外出時には必ず頭痛薬を持ち歩いています。でも、うっかり忘れてしまったなど、どうしても頭痛薬が飲めない時に偏頭痛がきてしまったら、光が眩しい場所や大きな音がするところから離れる、目を閉じてじっとする、ゆっくり深呼吸をする、吐き気が無ければ何かを食べたり飲んだりする、などの方法で極まれに頭痛が軽くなることがあります。

頭痛薬が手元にある場合でも、服用する前にこれらの方法を試してみるようにしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ