パソコンのしすぎで眼精疲労を伴う偏頭痛を起こすわけは?

偏頭痛と言うのは、女性の方が多いようです。偏頭痛持ちとか○○持ちとか言う病気はなかなか治りません。パソコンやスマホの使いすぎで、偏頭痛が発症する例が増えてきています。

しかし、現代人にとってはパソコンやスマホなどは切っても切れないものです。

何科外来に行くべきか?

パソコンからくる偏頭痛はどの病院を受診していいか分かりません。目の疲れを感じる頭痛であるならば、眼科と頭痛外来科へ行くべきでしょう。

眼科では眼精疲労を抑える治療になります。ビタミンBが含まれている眼薬での治療になります。頭痛に関しては、鎮痛剤を処方してもらえると思います。

それから眼精疲労の原因を調べていきます。心的要因とも言われますが、しかし、それは誘因であり病気以外の原因は、眼筋のこりになります。凝りですと先程の眼薬じゃ効かない場合があるので生活改善などが必要となります。

頭痛外来では何をするのか?

また、頭痛外来では頭痛の症状から頭痛の鑑別し、その痛みを抑える治療になります。眼精疲労は関係なく緊張型であれば鎮痛剤、偏頭痛であればトリプタンが処方されます。

つまり、頭痛に対する治療になるので、眼精疲労の治療は行われません。なので、眼精疲労を治療したいのであればやはり眼科に行くことをお勧めします。

ちなみに、頭痛外来は内科ではありません。脳神経外科、神経内科に併設される診療科になります。

頭痛は本当に大変です

ある痛みの例です。その方はもともと頭痛持ちだったようですが、ある日突然すごく強烈な痛みに襲われ、CTスキャンなどを使い脳を調べたものの、何の異常も見られなかったようです。

そして、自分で考えた結果、パソコンの使いすぎだと気付いたらしいです。パソコンでの作業は知らない間に肩に力が入っているようで、それを何時間も続けていた結果が眼精疲労を伴う偏頭痛に繋がっていたようです。

偏頭痛にならないためには?

ずっと同じ態勢でのパソコン作業は眼精疲労を伴う激しい偏頭痛を起こしてしまうので、適当にストレッチなどすることが防ぐ原因になります。

パソコンで無くても、スマホの使いすぎでもストレートネックと言う肩こりを伴う病気になりえます。やはり、仕事の合間でも、首を回したり、肩を回したり、生活改善で防げるものなら防ぎたいです。また、パソコン作業用眼鏡もとても効果があると評判です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ