偏頭痛が起こる理由は?自分の体を知って偏頭痛を起こさない予防策を考える! 女性 34歳 W.I.さん

偏頭痛は突然に、そして誰にでも起こる症状だと思います。今まで何ともなかったのに突然頭が痛くなった、これはもしかして深刻な病気?

毎日にように偏頭痛が起こる、もう耐えられない。

と偏頭痛に対して色んな悩みや不安を抱えている人も多いと思います。

そんな人たちに自分の体験や予防策が少しでもお役に立てれば、とても嬉しいです。

高校の時、初めての偏頭痛

私が初めて偏頭痛になったのは、高校三年生の時でした。受験勉強中、どうしても寝不足になってしまいます。それでも寝不足のまま必死に毎日勉強していたのですが、ある日寝不足が祟ったのか次の日が休日という安心感からお昼過ぎまで12時間近く熟睡してしまいました。

そんな長い睡眠から目を覚ました時、頭がズキズキするのを感じました。その痛みはどんどん激しくなって勉強もできないくらいの痛さになり、母に相談して頭痛の薬を貰ってようやく治りました。この日から、私の偏頭痛は始まったのです。

何をすると偏頭痛が起こるのか?自分の身体を知る

私は最初は何で自分に偏頭痛が起こるのかわかりませんでした。普段の日常では何事もなくすごせ、偏頭痛は起きなかったからです。

それでも時たま、偏頭痛が起こるときがあります。それはいつも「寝起き」でした。朝の寝起き、昼寝での寝起き。寝ていた起きた時、それも「寝不足で睡眠をとって起きた時」に必ず偏頭痛は起きることに気づきました。

突発的に偏頭痛が起きる時も勿論ありますが、法則があって偏頭痛が起きる時もあります。自分がどんな時に偏頭痛が起きるかを考えるのはとても大事だと思います。

偏頭痛を起こさない!あらかじめ考える予防策

私の場合は「寝不足で睡眠をとった時」に偏頭痛が起こることがわかっていたので、とにかく睡眠不足にならないことが一番の予防策と考えてなるべく睡眠を長くとるように心がけました。

しかしそれでもどうしても寝不足な日は必ず出てくると思います。その時は、枕の下にクッションを置いて枕の弾力性を増やしてなるべく頭に負担をかけないようにしています。

また、どんな暑い日も寒い日でもクーラーや暖房をつけすぎずに部屋を快適な温度に保って頭だけじゃなく体全体に負担をかけないように考えています。

偏頭痛になった時の対処法!仕事中でもできる簡単なやり方

気にかけて予防していてもどうしても偏頭痛になる時はあると思います。

その時は、自宅ならば横になって頭を枕やクッションに乗せて休ませています。横になると、不思議と偏頭痛の痛みは少し和らぐからです。

外出中や仕事中の時は休憩時間などの時にハンカチを水で冷やし、おでこにあてて頭を冷やしています。私の場合偏頭痛になると頭全体が熱くなるので、頭を冷やすと気休めかもしれませんが少し楽になるからです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ