偏頭痛にさようなら!

「偏頭痛にさようなら!」にようこそ。

偏頭痛に悩んでいるあなたのために偏頭痛が起こる原因から解消するための方法を徹底解説します。また、多くの方の偏頭痛撃退の体験談を参考にあなたも偏頭痛にさようならしましょう。

偏頭痛とは?

偏頭痛片頭痛と表記することもあります。頭の片側が痛むから、または偏って痛むからそのような名称が付けられたのでしょうか。

日本人の約8%が偏頭痛に悩まされていると言われていますが、その正体はいったい何なのでしょうか?風邪や二日酔いなどで頭が痛くなることは誰でもあることですが、偏頭痛は慢性頭痛です。頭痛持ちという言葉もありますが、これも偏頭痛であることが非常に多いですね。

ただ、四六時中頭が痛いわけではなく、ある一定の条件やサイクルでなることが多いです。自分なりの痛みのサイクルを掴んでいる人もいますね。

毎月のように辛い偏頭痛が来るので本人は憂鬱ですが、命に関わるものでもないため発作が起きても「仕方無い」と諦めている人も多数います。偏頭痛の痛みは脈に合わせてズキズキ、吐き気が続き、これが悪化すると実際に吐いてしまいます。

なった本人にしか分からない辛さですが、これは頭の中の血管が拡張するためと考えられています。また、男性より女性が多いことから、女性ホルモンが関係しているのではという説もあります。

命の心配はないけど・・・

偏頭痛は命の心配がないとはいえ、症状がひどいと生活や仕事にも影響を及ぼします。発作が起こる度に仕事を休まないといけないようでは困りますよね。 ですから辛いと思うなら痛みを我慢せず、病院で診察をしてもらうというのも大事なことですね。

偏頭痛を専門に見る診療科には、頭痛外来があります。頭痛に詳しい病院であればただの鎮痛剤ではなく、症状に適した薬を処方してくれます。いつも市販薬で痛みを抑えている人は、頭痛外来を探してみましょう。

ただし頭痛外来を設置している病院はそれほど多いわけではありません。もし近くの病院に頭痛外来が無ければ神経内科や脳神経外科、ペインクリニック、内科で探してみましょう。

また、ただの頭痛と思っていたら別の重大な病気が隠されていたというケースもあるので、一度は病院に掛かってみるのもいいことです。

偏頭痛の種類

いわゆる慢性頭痛の偏頭痛には、症状の出方によっていくつか種類が分けられます。細分化できるのですがそのうちの主な種類をピックアップしたので、自分の偏頭痛がどれに当てはまるのかを見てみましょう。

頭痛が起こる前に前兆があるタイプ

まず最初に挙げられるのは、頭痛が起こる前に前兆があるタイプです。その前兆は主に視覚で感じる事が多く、このパターンを掴めばいつ頃痛みが襲ってくるのかが分かり、対処もしやすくなります。

例えば目の前にキラキラした光や点が見えたり、チクチクしたりします。その感じ方は片側だけのこともあれば、両眼に起こることもあります。また、めまいや耳鳴りが起こることもあります。

頭痛が起こる前に前兆がないタイプ

予兆があれば前もって対処もできますが、まったく前触れがない種類の偏頭痛もあります。偏頭痛の発作が起こる前にまったく前兆がないため、作業中などに痛みが襲ってきて非常にやっかいです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

慢性頭痛は体の病気?うつや頭痛薬が原因の可能性も!

頭痛には、他の病気が原因ではない一次性頭痛と、他の病気が原因で生じる二次性頭痛があります。 一次性頭痛とは偏頭痛や緊張型頭痛、群発性頭痛などであり比較的診断が容易です。 しかし、二次性頭痛は見逃されることも多く、長期間改・・・

あなどるなかれ慢性頭痛!治療が大変な低髄液圧性頭痛かも?

頭痛はだれもが経験するありふれた症状です。しかし、頭痛が毎日何時間も何日も続くなら注意が必要です。 このような慢性頭痛の原因の1つに低髄液圧性頭痛があります。 この病気は偏頭痛や緊張型頭痛ほどには知られていませんが、病院・・・

頭痛に悩んでませんか?慢性頭痛への対処法ですっきり解決を!

生まれてから一度も頭痛になったことなんかないとういう方はおられるのでしょうか?おそらくほとんどいないでしょう。 特に平日、昼間の鳴りやまない電話の嵐に質疑応答の対処、面倒な人間関係から発生するトラブル、押し付けられる仕事・・・

慢性頭痛の特徴にはどんなものがある?酷い痛みの時には病院へ

頭痛と一言で言っても、その痛みの種類はいくつかあります。 その中の慢性頭痛にはいくつかのタイプがありますが、一番の特徴は他に原因となる病気がないことです。 これは一次性頭痛と言われます。そんな慢性頭痛のタイプにはどのよう・・・

慢性頭痛の原因って何?原因がわかれば頭痛がなくなる

画像検査を受けても脳に異常があるわけでもなく、他に病気にかかっているわけでもないのに、しょっちゅう頭痛がするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 それは慢性頭痛かもしれません。痛みが酷くなったら薬を飲めばいい、と・・・

慢性頭痛って何?対処方法を知っていればと頭痛が楽になる

慢性頭痛はいろいろありますが、「偏頭痛」「緊張型頭痛」が代表的です。 それぞれの症状や原因や対処方法を調べてみました。 偏頭痛の症状 女性に多くみられ、主に頭の片側が痛くなります。目の奥の方からの痛みが偏頭痛に移行したり・・・

自分で日常生活の中でできる予防!頭痛慢性頭痛の改善方法とは?

不定期に突然やってくる慢性頭痛は、痛みで仕事や勉強に手がつかなくなって困りますよね。 慢性頭痛には、「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」と3種類ありますが、自分の頭痛のタイプや症状に合わせて改善方法を見つけていきましょう・・・

慢性頭痛の3つの種類!緊張型頭痛・偏頭痛・群発頭痛の特徴とは?

繰り返し起こる慢性頭痛に悩ませれている方は多いです。 慢性頭痛の7割以上が、頭をギューッと締め付けられるように痛む緊張型の頭痛です。 他には、吐き気を伴う場合もあるズキズキとした痛みの偏頭痛と、目の奥がえぐらえれるような・・・

多くの人が悩んでいる緊張型頭痛!意外と解消しやすい?

私たちが日常感じる痛みの中で、最も身近な「頭痛」は、「慢性頭痛」「日常的な頭痛」そして「急性頭痛」の、大きく3つに分類されます。 「慢性頭痛」に悩まされている人口は、日本では3000万人とも3700万人とも言われています・・・

まさかコーヒーが悪化の原因?緊張性頭痛の方、要注意!!

慢性的な頭痛の中で多いのが緊張性頭痛です。頭痛により仕事や学業の効率が落ちてしまうことありますよね。 気を付けないと、さらなる症状の悪化を自ら招いてしまうことがあるかもしれません。 そのならないように、今回は緊張性頭痛と・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ