偏頭痛はパソコンが原因? 長時間の利用には要注意!

日頃から偏頭痛に悩まされている人は、それぞれ違った原因をもっているものです。ですが、近年は同じような原因で慢性的な頭痛を抱えてしまう人が増加しています。

特に多いのがパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が原因となるものであり、長時間の利用によって眼精疲労などが引き起こされ、それが頭痛に繋がるというケースが増加しているのです。

長時間の光が頭痛に繋がる?眼精疲労と頭痛の関係

デジタル機器の発達によって長時間強い光に目を晒している人が増えています。しかし、それによって眼精疲労になり、頭痛に繋がるケースが増えています。まずは眼精疲労と頭痛の関係を簡単に説明します。

知らず知らずのうちに眼精疲労に

パソコンをはじめとしてスマートフォンやタブレットなどが普及した現代では、多くの人が仕事やプライベートでこれらのデジタル機器を利用しています。

人によっては一日に十時間以上もそういった機器を続けて利用している人もおり、そのために「目が疲れる」とか「目がチカチカする」といった症状を訴えるケースが増加しています。

たいていはパソコンの使用をやめれば症状は徐々に治まってくるものですが、それが長時間続いてしまい、いつまでも目の違和感がとれないというケースもあるのです。これが「眼精疲労」と呼ばれるものであり、それが偏頭痛をはじめとした身体の他の部分に悪影響を及ぼすこともあるのです。

原因がわからないまま対処療法を続けていませんか?

この眼精疲労が重度なものになってくると、積極的に生活の改善をしない限り症状が改善されることはほとんどありません。それによって偏頭痛が引き起こされる場合、対症療法的に薬で頭痛を抑えたとしても、その効果が切れると再び頭痛に悩まされるというパターンに入ってしまうこともあるので注意が必要です。

一時的に頭痛を緩和することだけにフォーカスしてしまう人も多いですが、それが眼精疲労によって引き起こされていることを忘れていることも少なくありません。そしてその目の疲れがパソコンなどのデジタル機器の使用が原因であることを意識しないままに、同じような生活を続けることによって、いつまでも慢性的な偏頭痛に悩まされてしまうこともあるのです。

あなたの頭痛の原因は?まずは原因を特定しよう!

原因がわからないままでは偏頭痛に有効な対策をとることができません。ここでは自分なりに頭痛の原因を特定する際のポイントを2つ紹介します。

休日をうまく利用する

パソコンを使ったデスクワークが中心となっている人でいつも偏頭痛に悩まされることの多い人は、ぜひ休日などにデジタル機器を使用せず過ごしてみましょう。それによって薬なしで症状が緩和されるかどうか確認してみるのです。

特にパソコンから放出される光を長時間浴びることによって、それが頭痛に繋がっている人も多いです。休日はそういった光を避けて過ごしてみると、自分の偏頭痛の原因がわかるようになってきますから、ぜひ実践してみてください。

頭痛になる時間帯を調べる

また、実際に偏頭痛が起こる時間帯についても調べてみましょう。重度な肩こりなどによって、朝起きた時点で頭痛になってしまっている人も多いのは事実です。

ですがパソコンなどが目の疲れを引き起こし、それが偏頭痛の原因となっている場合は、出勤中や仕事を始めたばかりの時間帯に頭痛になるということは少ないはずです。

むしろ目の疲れが溜まる勤務時間終了間際や、残業中などに頭痛が発生する可能性が高いので、その辺りも含めて頭痛になりやすい時間帯を見極めましょう。

日頃の心がけが重要?適度な休憩を入れよう!

パソコンが原因となっている頭痛の多くは、何時間も休みなしでパソコン画面を見ていることによるものです。ここでは適度な休憩の必要性について説明します。

続けて何時間もパソコンに向かわない

偏頭痛の原因がパソコンの長時間使用だと分かったら、適度な休憩を入れることを心がけるようにしましょう。続けて2時間も3時間もモニターの前に座っていることはできるだけ避けるべきです。適度に休憩を入れましょう。

お勧めは1時間に1回程度はパソコンの画面から離れ、窓からの景色など自然の風景を眺めるようにすることです。それだけで目を休ませる効果がありますから、頭痛を事前に抑えることができる場合もあります。

寝る前はパソコンを見ない

また、寝る直前までパソコンやスマートフォンなどを眺めている人も多いですが、それだけで私たちの視覚にはかなりの負荷がかかってしまいます。それによって目の疲れが日常化してしまいますから、そういった生活を送っている人は、寝る1時間前ぐらいにはパソコンの電源を落とすようにしましょう。

専用アプリも充実?ディスプレイの光量を抑えよう!

近年はパソコンやスマートフォンのアプリが充実しています。ここではそういったアプリなどを利用する際のポイントについて説明します。

強い光が頭痛を引き起こす

パソコンモニターやスマートフォンの液晶画面から発生するブルーライトが強すぎると、その刺激が頭痛に直結してしまうことがあります。それがたとえ短時間でもそういった光に弱い人は偏頭痛の引き金となることがありますから、適度に調整する必要があるでしょう。

デスクトップを使用している人は、モニター側で光量を調整できるようになっているものが多いですから、うまく活用して強い光を浴びすぎないようにしましょう。

専用アプリを活用する

また、最近ではパソコンモニターの光量を時間帯によって自動調整してくれるような便利なアプリも登場していますから、こういったツールを利用して自分なりに最適なパソコン環境をつくることも重要となります。

色々な光量調整アプリが登場していますから、自分に合ったものを探してみるのも面白いでしょう。

頭痛以外にも弊害が?姿勢に気をつけよう!

頭痛の原因が姿勢の悪さにある可能性があります。最後に姿勢の悪さと頭痛の関係について簡単に説明します。

姿勢の悪さが頭痛に繋がる?

パソコンの長時間使用で気をつけなくてはならないのが、同じ姿勢を長く続けることによって筋肉が緊張してしまい、それが頭痛に繋がる可能性もあることです。特に日頃から肩こりに悩まされているような人は、パソコンを操作するときの姿勢に気をつけましょう。

眼精疲労ではなく、肩こりが原因で偏頭痛が引き起こされることもあります。

定期的に自分の姿勢を見直そう

長時間パソコンを操作していると、どうしても猫背になったり前のめりでモニターに顔を近づけた状態になってしまいます。そうなると必要以上に目を酷使することになりますし、その姿勢が頭痛に直接繋がってしまうこともあります。特に以下のような姿勢に気をつけましょう。

    <頭痛の原因となりやすい姿勢>

  • モニターに顔だけが近づいている
  • 顎を突き出している状態
  • 椅子の端に腰掛けている状態
  • 横になりながらパソコンを操作している

こういった姿勢は頭痛だけでなく、それ以外の病気の原因となることもありますから注意してください。

特に首から頭部にかけて負荷がかかる姿勢を続けてしまうと、それが背骨全体に対して悪い影響を与えてしまいます。それが慢性的な偏頭痛や緊張型頭痛の引き金となってしまうこともあるのです。そうなると頭痛の原因の特定にも時間がかかってしまいますので、日常的に自分の姿勢を見直すようにしましょう。

まとめ

偏頭痛には様々な要因が絡んでいるものであり、多くの場合、その原因がはっきりとしないため「これをやればいい!」という解決策が出てきにくいのが特徴です。特にパソコンなどの仕事で使わなければならないツールが原因だった場合、頭痛になるからといって使用をやめるわけにはいかないでしょう。

しかし本記事で挙げたような点に注意しながら、一つひとつ可能性を潰していくことによって、薬に頼らずに偏頭痛を治していくことができるのです。遠回りなようですが、基本的なところから少しずつ改善することが、結局は最短の道なのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ