光や音が偏頭痛の原因に!光や音に対する偏頭痛の症状は?

偏頭痛は食べ物や血流の変化でおきることがありますが、光や音に対する感じ方が変化する症状もあります。

では、偏頭痛になるといったいどのように感じるのでしょうか?

外からの刺激で偏頭痛が!

実はなぜ偏頭痛になると光や音に過敏になるのかはっきりと仕組みは分かっていませんが、発作が起きると外からの刺激に脳が過敏になっているのではと考えられています。

普段は気にならないような光や音でも、一度発作が出てしまうと気になり、どんどん症状が悪化していきます。ひどい場合は窓からかすかに入る木漏れ日、テレビの光、携帯電話の画面の光なども嫌だという状態になります。

また、同居人の足音がいつもよりも響いて、歩く度にガンガンと激しい痛みが襲ってくるなんてこともあります。

ニオイでも偏頭痛が

この症状は光や音だけではなく、ニオイにも現れることもあります。

いつもは大好きな香水のニオイを嗅ぐと、頭が痛くなるなんてこともありますね。強い症状が出たら何も作業はできなくなりますが、軽い偏頭痛のときぐらいなら普通に作業をこなしたり、外出したりするでしょう。

でも調子の悪い日は外の刺激によって偏頭痛が悪化してしまうこともあります。外に出るときにはサングラスをして、あまり大きな音が鳴るような場所に行かないようにしましょう。

ブルーライトも偏頭痛の原因に

パソコンなどのLEDディスプレイは、目を非常に疲れさせる青色の光を放っています。部屋を暗くしても見えやすいというメリットはあるものの、やはり長時間見続ける事は避けたいものです。

そして目が疲労することにより緊張性頭痛も引き起こしますし、偏頭痛の症状悪化を招いてしまうことにもなります。

できるだけ見ないようにするのが一番ですが、どうしても仕事で使わないといけないという人は、ディスプレイの設定を変えるのも効果的です。光度を低くする、「青」を下げると目に優しい光になります。

ただし職場の状況によってはパソコンを共有することもありますし、作業内容によっては色調を変更できないこともありますね。その場合は、パソコン用のメガネなどを使用してみるのもいいでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ