肩こりと寒さが引き金で偏頭痛に!日ごろ気を付けていることは? 女性 25歳 K.H.さん

大学受験の勉強を始めた頃から偏頭痛持ちとなり、現在偏頭痛持ち歴約8年になります。大学受験の勉強を始めた頃、慣れない勉強のせい、そして元からの猫背のせいでとても肩こりに悩まされていました。

高校の運動部の部活を引退したというのもあり、筋肉がほぐれることなく肩凝りになってしまったんだとおもいます。そして肩こりが始まった頃、偏頭痛にも悩まされるようになりました。

脈のペースでズキンズキン

その頃までは頭痛というものをあまり経験したことがなかったので、受験勉強中はかなり辛かった事を覚えています。脈を打つペースでズキンズキンと、左のこめかみにいたみが走りました。

そのうちに頭全体に痛みが広がり、寝込んでしまうこともありました。最初は血圧が高すぎて脈のペースで頭が痛むのだろうか、と、血圧を測ってみましたが正常でした。

インターネットでしらべてみたところ、偏頭痛というワードを発見し、肩凝りからも来ると記述されており、また、症状が記述と同じであったため、自分が偏頭痛持ちであると気づくことができました。

きっかけは肩凝り寒さ

社会人になり、デスクワークをするようになってから、さらに肩凝りは酷くなり、それに伴い偏頭痛もほぼ毎日のように出てきました。

また、冬の寒い時期、どうしても肩がこわばってしまい、また、寒さそのもののせいなのか、寒さでも偏頭痛を起こすようになってしまいました。

自分で原因は肩凝りと寒さ、ということが長年かけてやっとわかってきたので、毎日肩の筋肉をほぐすストレッチや、肩の柔軟性を上げる体操をして肩凝りを予防することで、偏頭痛も予防するようにしました。

また、寒さの面では、ただ防寒するようにしました。また、寒さで肩がこわばっているのに気づいたら、それをやめるように心がけました。

日頃気をつけていても偏頭痛が起こってしまった時

上記のような予防をしたとしても、どうしても偏頭痛を起こしてしまう時があります。そうなってしまった時は、無理をせず横になったり、安静にしたりするようにしています。

動くと血流も勢いが増すからなのか、脈を打つペースでのズキンズキンとする痛みがひどくなってしまいます。偏頭痛が起こり始めの時に無理をすると、何日間も痛みが続いてしまうので、私は偏頭痛の起こり始めほど気をつけています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ