偏頭痛にはコーヒーが有効?そのワケについて詳しく解説!

偏頭痛といえば、薬を飲めばいつの間にか治っているという認識をもっている人は少なくありません。実際、偏頭痛に効く薬は沢山ありますし自分なりに合う薬を厳選している人もいるでしょう。

ですが、薬を使わずに偏頭痛の痛みを和らげる手段として「コーヒーを飲む」のがよいと聞いたことはないでしょうか?

今回は偏頭痛とコーヒーの関係について説明し、その有効性について考えてみます。

偏頭痛の原因は?簡単に理解しておこう

まずは、偏頭痛が起こる原因について簡単に説明します。これを理解することが、偏頭痛とコーヒーの関係を理解する上での前提知識となります。

ポイントは血管の拡張にアリ!

偏頭痛の原因として最もよく言われているのが、頭部の血管が膨張して周囲の神経を圧迫してしまうということです。これによって痛みを引き起こす炎症物質が出てしまい、それが痛みの原因となります。

つまり偏頭痛の原因は、この「血管が膨張する」というところにあるわけです。逆にいえば、この血管の膨張を何らかの方法で抑えたり逆に収縮させることができれば、偏頭痛の痛みは緩和されるということになります。

「冷やす」ことが効果的

このことから、まず初めに考えられる偏頭痛対策が「冷やす」ということになります。モノを暖めると膨張し、逆に冷やすと収縮するということについて、私たちは子供の頃の理科の時間に勉強しました。

これは私たち自身の身体にも当て嵌まりますから、何らかの理由で膨張した頭部の血管を冷やすことによってそれを抑えることができたり、逆に血管を収縮させられるわけです。必然的にそれに伴う痛みも緩和されます。特に首の後ろなどを濡れタオルやアイスノンなどで冷やすのが効果的です。

コーヒーに含まれるのは?カフェインの作用

それでは、なぜコーヒーが偏頭痛に効果的なのかを説明します。ポイントは「カフェインの血管収縮作用」です。

コーヒーによって頭部の血管が収縮する?

このように頭部を冷やすというのは、言うなれば外部的な手段ということになるでしょう。実際に効果的な手段ですから、偏頭痛が起こった際には積極的に活用すべきです。

ただ、こういった外部的な手段ではなく、内部的なやり方で偏頭痛を緩和することも可能です。それがコーヒーを飲むということなのです。より具体的にいえば、コーヒーに含まれるある成分を積極的に摂取することによって、血管の収縮を促進するということになります。

その「ある成分」こそが、コーヒーに多分に含まれるカフェインなのです。

カフェインの効果

コーヒーに多く含まれるカフェインは脳内で様々な働きをするのですが、その最も大きなものが「血管を収縮させる」というものです。偏頭痛はその大元の原因が何であれ、結局は血管が拡張して痛みが起こるものですから、カフェインによってそれを収縮させることで痛みを緩和することができるわけです。

事実、多くの人はまだ痛みが軽いうちにコーヒーでカフェインを摂取することによって、偏頭痛の痛みが改善できると感じています。

コーヒーだけじゃない?カフェインが多く含まれる飲み物は?

次に、コーヒー以外で偏頭痛に効果のあるカフェインが含まれる飲み物を挙げてみます。

コーヒーによって頭部の血管が収縮する?

このように偏頭痛の痛みの軽減に効果を発揮してくれるカフェインですが、コーヒー以外にも様々な飲み物に含まれています。具体的には以下のものです。

    <カフェインが多く含まれる飲み物>

  • 緑茶
  • 紅茶
  • ココア
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 玄米茶

こうして見ると、多くの「お茶」にもカフェインが含まれていることがわかります。ただし単純にカフェインの量だけを見ると、やはりコーヒーに含まれるものが圧倒的に多いのです。たとえばコーヒーの含まれるカフェイン量は紅茶の2~4倍以上にもなります。それゆえに偏頭痛にはコーヒーがよいと言われているわけです。

同じコーヒーでもカフェイン量はかなり違う?

そして同じコーヒーに分類される飲み物の間でも、そのカフェイン含有量にはかなり差があるのです。たとえばエスプレッソや「ドリップコーヒー」は、いわゆるインスタントコーヒーの倍ぐらいのカフェインを含みますし、市販の缶コーヒーの間でもメーカーによって含まれるカフェインの量にはかなりにバラつきがあります。

あなたが日常的にこういったコーヒーを飲んでいるならば、ぜひ一度商品中に含まれるカフェイン量にも注目してみるとよいでしょう。限界はありますが、全体的な傾向としてカフェインが多いほうが偏頭痛には効果があります。

飲み過ぎには要注意?カフェインの採り過ぎにご用心

これまで偏頭痛対策としてのコーヒー(カフェイン)の有効性について説明してきましたが、過度なカフェインのとり過ぎは逆効果になってしまうことがあります。ここでは、コーヒーの飲みすぎによる弊害について説明します。

カフェインには中毒性がある

しかしだからといって、無尽蔵にカフェインを摂取すればよいというものではありません。どんな成分でも採り過ぎると身体に問題が生じてきます。

特にカフェインには中毒性があり、コーヒーを一日に何杯も飲んでいるとそのうち依存症になってしまう危険もあるのです。実際、眠気覚ましのためにカフェインを大量に摂取していた人が中毒で亡くなってしまったケースもあります。

採り過ぎは厳禁

カフェイン中毒の主な症状としては、めまいや身体の震え、不眠などが挙げられます。また、大量摂取を長期間続けていると逆に頭痛を誘発してしまうことすらあるのです。これでは本末転倒になってしまいます。

健康な成人が摂取できるカフェインの量は最大でも400mg(コーヒー5杯~6杯分ぐらい)ですから、毎日これ以上飲んでいる人は逆に摂取量を抑える必要が出てきます。そうしなければ、いざ頭痛が起こってもカフェインが思うように効いてくれなくなります。

うまくコーヒーを活用するには?バランスのよい摂取がカギ!

最後に、偏頭痛対策としてコーヒーを活用するポイントについて簡単に説明します。

カフェインの効果を利用する

このように、何も考えずに大量にコーヒーを飲んでも逆効果になってしまう危険があるわけですが、節度をもって飲む分には大きな効果が期待できます。

カフェインは眠気覚ましにも集中力アップにも効果的だといわれていますから、一日に1~2杯程度を嗜むことによって、仕事にもよい影響を期待できますし、同時に偏頭痛を抑えることにも役立ちます。これは頭痛の症状が出てから薬を使って治すよりも、遥かに健康にプラスになることは明らかでしょう。

自分なりにベストな飲み方を考えよう

ですから、自分なりにバランスを考えて飲む量を調整してみてください。人によって好き嫌いが分かれやすいのがコーヒーですから、自分の好みに合わせて楽しみながら偏頭痛対策をしていきましょう。

どうしてもコーヒーが飲めないという人は紅茶や緑茶でも十分効果が期待できますから、ぜひそちらも試してみてください。

まとめ

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる効果があり、それによって偏頭痛の痛みを緩和することができます。痛みが出たらすぐに薬に頼ってしまう人も多いですが、その前にコーヒーを飲んでみる価値は十分にあります。

ただしカフェインには中毒性があるので採り過ぎは禁物です。偏頭痛に悩まされている人は、1日に多くても4杯程度を目安にバランスのよい摂取を心がけてみてください。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ