視界に現れるモザイク、閃輝暗点は目の問題ではない!?驚きの頭痛との関係!

時々現れるが気が付くと消えている、少し休むと収まるといった、症状の自覚があるにも関わらず、明確な診断を受けず症状に付き合ってきた、という方は意外と多いのではないでしょうか。

その代表格とも言えるのが、頭痛です。

特に日本人には多く、現在日本では3、4人に1人が頭痛持ちを自覚しているとの調査もあります。

さらにその中でも多くの人が苦しんでいる“偏頭痛”と、一方であまり耳馴染みの無い“閃輝暗点”の繋がりについてここでは述べていきたいと思います。.

突然視界にモザイクがかかる恐怖!

まずキーワードとして挙げた閃輝暗点について、多くの人が初めて目にするワードだと思いますので、解説させていただきます。

症状は突然訪れます。始めは視界のごく一部に、チラチラと何か見えるように感じ、それが徐々に拡大していきます。テレビなどで見る、モザイクのような視界をぼやけさせるような形なので、段々と見える範囲が狭まっていくのです。

最終的には視界の殆どを多い、文字なども判別できなくなります。すぐにモザイクを消す方法はありませんが、しかしながら症状の多くは30分~1時間で消えるようです。そしてモザイクが消えた後は、吐き気やだるさ、頭痛の症状が残ることがあるようです。

この一定の時間モザイクで視界が覆われる症状が、閃輝暗点です。しかし、一定の時間を置くと消える為、この症状が時々現れる人でもその殆どが受診や治療にまで動くことはないようです。

そもそも、その症状が閃輝暗点という名前があることすら知らず長年付き合っているという人も多くいるようです。

目から気が付くけど目の問題ではない!

ずばり結論から言うと、この閃輝暗点は偏頭痛の前兆症状が多いと言われています。

もちろん他の疾患、特に脳などの重症な疾患が関わっている場合もゼロではないので、心配な方は一度受診をお勧めします。しかし閃輝暗点は“目”に起きる症状である為に、閃輝暗点と偏頭痛のそれぞれの症状を自覚しながらこれらを繋げて考えるのが難しいようです。

関連症状から症状緩和の早期対処を

そもそも脳の血管の収縮により周囲のあらゆる神経を刺激して、様々な症状を併発する偏頭痛ですが、閃輝暗点が起きる場合は視神経に影響を及ぼしているということなのでしょう。

偏頭痛も閃輝暗点も時間がたてば症状が治まる、少し休めば治まるという共通点から、症状に苦しみながらもなんとなく誤魔化して付き合っているという人も少なくないと思います。

受診を受けるまでいかなくても、せめて少しでも症状の知識があると付き合ってきやすいのではないでしょうか。閃輝暗点が偏頭痛の前兆症状である、と知っていただくだけでも、偏頭痛の対処を早めに行うなど、症状の緩和の一助になるのではないかと願うばかりです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ