お風呂に入ると偏頭痛の症状が悪化する理由は?

疲れたらお風呂に入って休むという方法を取る人も多いですね。

たしかにそれはいいことですが、偏頭痛の症状が出ているときは逆効果になってしまいます。

なぜ逆効果なの?

体を温めると、血流が良くなります。お風呂に入ると脳内の血管も拡張されて血流が良くなりますが、これが偏頭痛の症状を悪化させてしまう要因のひとつになります。

逆に眼精疲労や肩こりが原因で起こる緊張性頭痛は、お風呂に入って血流を良くすると楽になります。熱いお風呂に使って楽になるかどうかで、頭痛の種類を見抜くこともできます。

偏頭痛の場合は湯船は避けて!

偏頭痛が起きた日は、症状を悪化させないためにも湯船に浸かるのは避けましょう。他にもサウナ、ジョギングなどで体が温まると、偏頭痛がひどくなることもあります。シャワーを短時間で済ませて、ゆっくりと体を休ませるのが一番です。

「熱いお風呂じゃなかったらいいの?」という意見もありますが、ぬるめのお湯に浸かっても血行が良くなるので、湯船に浸かる行為自体を避けた方がいいです。ですから痛みを悪化させたくないというなら、ぬるめのシャワーだけで我慢しましょう。

やっかいな「慢性頭痛」

一番やっかいなのが、複合型とも呼ばれる慢性頭痛です。これは偏頭痛と緊張性といったように、2種類の異なる頭痛を併発している状況を差します。この場合は、今痛んでいるのはどの頭痛によるものなのかということを知るのが大事です。

例えば緊張性頭痛四六時中どんよりと頭が重くて痛いですが、偏頭痛の発作が起きたときにはズキズキと差すような違った痛みがあります。そのズキズキがあるうちは、お風呂やサウナのように体を温める行動はしないようにしましょう。ズキズキがなくてどんよりとした頭痛だけのときにストレッチや首筋を温めるなどの対処を行います。

湯船にゆっくり浸かると偏頭痛を引き起こしてしまう可能性もあるので、熱いシャワーを首や肩に掛けるのがいいですね。このようにタイミングを見計らって、それぞれの頭痛の症状に合わせた対処をしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ