偏頭痛で日常生活が正常でない日々を送り大変だった体験談 22歳 T.H.さん

偏頭痛とは、慢性的に頭が痛むものです。この偏頭痛が始まったのは、10代からです。別に学校へ行くのが嫌で頭が痛くなる訳でも無く、学校に進んで行きたいのに、急に偏頭痛が来るのです。

それで進もうとしている行動に歯止めを掛けてくるので、とても苦痛を伴ないましたで。偏頭痛の箇所である頭には、すぐそばに脳があるので、伝達機能にも傷みが響き渡り、支障が起きるのです。

学校へ行こうと頑張ろうとしているのに、それを邪魔する存在に思っていました。そして偏頭痛が起きていつかは治るであろうと思っていたのですが、現在何十年経った今でも、たまに偏頭痛になるので、永遠の持病のようになっていました。

不意に起こる偏頭痛

どうして偏頭痛になるのか、人に寄って様々だと思います。前日に睡眠不足だったからだとか、前日にお酒を飲みすぎたからだとか、運動しすぎたせいだとか、理由があって偏頭痛があるのなら、まだ解るのですが、私の場合は、どうして偏頭痛になるのか不明であり、それが、前ぶれも無く、突然起きるのです。

これが、自転車の運転中だとか車の運転中だとか、集中力が必要な時でも関係なく起こるのでとても苦労をします。

偏頭痛になった時の対処

偏頭痛になった時には、頭が響くほどにガンガンと傷みがあるので、行動が急にストップしてしまい、動けない時もありますが、偏頭痛が起きたら、まずじっとする事にしています。

ほんの少しの時間でも安静にして、偏頭痛の傷みを取り除こうとします。そして、すぐに常備薬の眠くならない頭痛薬を飲むようにしています。

偏頭痛の予防策

偏頭痛は血液の循環や炎症などの影響があるので、出血がある月経の時や、重いものを持った時や、激しい運動をしたときや、急な動きをした時、季節柄、急に寒気が来たりしたときなど、普段しないようなことをした後に、頭が痛くなりそうな環境にあるときこそ、その直後は無理をせずに安静にしています。

通しで大変な動きをする事を止め、動いたら、休憩するなど、体に負担を与えないようにしています。そして月経の時には、先に頭痛薬を飲んだりして予防をしています。

偏頭痛で注意して気をつけている事

偏頭痛は、気温や天気でも発症しやすいといいます。だからそんな時は事前に薬を飲んでおきます。そして偏頭痛持ちだと言う事を認識して、偏頭痛に良い食べ物を取ったりして栄養をつけるようにしています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ