20歳頃から始まった偏頭痛の症状と対処法は?生活習慣の改善で克服! 女性 29歳 C.I.さん

病院の診察科にも「頭痛外来」という診療科目がある病院もあり、原因の分からない偏頭痛に悩まれている方も多いと思います。私も20歳頃から最近まで偏頭痛に悩んでいた患者の一人で、頭痛に悩んだ体験や、色々と試行錯誤し偏頭痛を解決に導いた方法や経緯についてご紹介します。

中々原因が分からない事が偏頭痛の悩みですが、参考になればと思います。

始まりは20歳頃で疲れると偏頭痛が発生

10代の頃はとても元気で徹夜や無理をしても何の問題もありませんでしたが、一人暮らしを始めてしばらく経った20歳頃から偏頭痛に悩まれているようになりました。

症状は、レジャーや仕事等で疲れがたまっていたり睡眠不足が続いた時に酷い頭痛がして、頭が痛いだけではなく吐き気や嘔吐に悩まされるようになりました。

前兆は軽い頭痛と頭がぼんやりするような疲労感で、前兆の段階でEVE等の頭痛薬を飲めば吐くほどの頭痛になる事は少ないのですが、頭痛薬を飲まずにいると上記のようなひどい症状が発生します。

辛い偏頭痛が起こった時はどうしていたか

上で紹介したように、前兆の段階で頭痛薬を飲めばひどい頭痛を避ける事ができますが、飲めずにいると本格的な頭痛が発生します。本格的な頭痛が発生してしまうと頭痛薬を飲んでもあまり効果が無く治まるのをただ待つしかありませんでした。

偏頭痛が始まると光や音がとても辛く感じるので部屋のカーテンを閉めて静かにベッドで横になっているしかなく、吐き気もひどいのでトイレに間に合わなかった時のためにベッドのそばに洗面器を用意していました。

何度か吐けば治まり翌日には元気になるので、時間が薬と思ってただひたすら我慢をするしかありませんでした。

偏頭痛の原因を知るために脳神経外科を受診

1年から2年前が偏頭痛のピークで、1か月に1回程度は頭が痛くなったので不安に感じ近くの病院の脳神経外科を受診する事にしました。

脳神経外科では問診が行われMRIの検査で脳に腫瘍などの異常が無いかを確認しました。MRIの結果、脳に異常は無いという事で安心しましたが、医師に原因を聞いたところ「偏頭痛には色々な原因があり特定するのは難しい」との返答が返ってきて、偏頭痛を事前に抑える薬のレルバックスが処方されました。

偏頭痛が改善!意外な原因とは

偏頭痛以外にも健康に問題があり、健康診断を受けるとほぼ毎回のように「血色素数10~11程度の軽度の貧血」があると指摘されていました。

事情があり貧血をどうしても改善しなければならない事になり、食生活を改め決められた摂取量の数倍の鉄分サプリメントを採って(鉄分過剰の副作用があるからあまりお勧めできないが、元々不足しているから改善されるまで行った)血色素数を12~13に高め貧血を改善しました。

そうすると、頭痛がほどんど起こらなくなり頭痛がかなり改善されました。偏頭痛の原因は色々あるので中々特定するのは難しいのですが、生活習慣を改善する事によって偏頭痛が軽減される事があります。偏頭痛に悩まれている方は生活習慣の改善を考えてみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ