偏頭痛になってしまったら?意外なことにマッサージは逆効果!

偏頭痛は脈に合わせたようにズキンズキンとした痛みが出る頭痛です。日本人の約8%が悩まされているとも言われており、男性より女性に多いのも特徴です。

ひどくなると吐き気を伴ったり、普通の状態であれば気にならない音や光に過敏になることもあります。また漢字で「偏頭痛」と書かれることもあるため頭の片側だけが痛むと思っている人も多くいらっしゃいますが、実際はそうではなく両側や頭全体が痛むこともあります。

では偏頭痛とはどのようなものでしょうか。偏頭痛は肩や首のコリを伴うこともあるのでついマッサージをしてしまいがちですが効果はあるのでしょうか。偏頭痛の仕組みと共に考えていきます。

偏頭痛のメカニズムは?血管の拡張がポイント

偏頭痛は頭部の血管が拡張して炎症を起こすことで痛みが現れます。血管が拡張する原因はいくつか考えられていますが、その中で一般的なのが2つあります。

1つ目は頭の血管の中で血管を収縮させる作用を持つセロトニンの影響です。セロトニンが放出されると一旦脳の血管が収縮します。その後時間がたちセロトニンが分解され減少すると今度は過度に血管が拡張してしまうという理論です。

2つ目は顔面周辺の感覚をつかさどる三叉神経が刺激されることで血管を拡張する物質を放出し血管が過度に拡張されるという説です。

偏頭痛にマッサージは有効?答えはノー

上で述べたように偏頭痛は刺激の種類に関わらず血管が拡張することで起きています。頭が痛いと肩や首を回したり自分でゴリゴリと押したくなりますが、このようなマッサージは血管を広げて血行を良くする効果があります。つまり偏頭痛の場合は逆効果になってしまうのです。

またセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、心身がリラックスすると分泌されやすい物質です。

アロママッサージなどで使われるラベンダーやベルガモットなどのオイルはセロトニンの分泌を促す効果があるので特に注意が必要です。

偏頭痛が起きてしまったら?対処方法

偏頭痛が起きてしまったらまず広がりすぎてしまった血管を収縮されることが大切です。マッサージで得られる効果は「温めて血行を良くする」ということですが、偏頭痛の場合はその逆をします。

つまり冷たいタオルなどを痛む場所にあてて冷やすと良いのです。また頭痛の最中に体を動かすと痛みが増すためストレッチなどもせず、できるだけ静かで暗い場所で安静にすることも効果的です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ