視覚と嗅覚で偏頭痛が分かる?前兆となる身体の違和感!

患者の70パーセントが女性とも言われている偏頭痛。人によって原因や対処方法などは様々ですが今回は代表的な、偏頭痛になる前兆をご説明していきます。

この前兆が現れた時はこんな対応をしてくださいというのも一緒にのせていきます。

視界がなんだかぼやけて来たと思ったら視界の中に光のギザギザが!

これは偏頭痛になった多くの方が経験したことがあるかと思います。最初はなんだか目に違和感がある程度が、どんどん視界をギザギザした光が覆い視界の端に消えていく感覚ですね。

人によって痛くなる時間に差異はありますが、一般的に光が見え始めた段階では痛みはほとんど感じません。その光が大きくなり視界の端に移動していくと同時に痛みが強まって鈍い痛みや吐き気などを伴った偏頭痛が発生します。

この光の原因として一時的に目の周りで血の流れが悪くなっていることが要因の一つにあります。なのでこの症状が出たときは一旦休憩をし、血の流れを促すために水分補給や目の周りのマッサージを行ってみましょう。

医師から鎮痛剤を貰っている方は少し多めの水と一緒に早めに対処するのも大事です。

いつもより周りの臭いが気になる!

普段生活している中で集中して嗅覚を研ぎ澄ませることはあまりありませんよね。

なのにも関わらずなんだか今日は色々な臭いが気になる。いつもは良い匂いだと思っていても、今日に限ってなんだか臭いがきつい気がする時。そんな時は意外にも偏頭痛のサインかもしれません。

偏頭痛になる要因、原因は様々ですが基本的に血管が拡張し、神経が刺激されることによって起こります。神経が刺激されるということは、それだけ神経が過敏になっているということです。

なので、普段は気にならないことがその時は大きく違ってくる事があります。嗅覚や味覚の違和感、肩こりなどの筋肉の凝りなども偏頭痛の前兆の可能性があります。簡単な確認の方法としては、オーデコロンなどを付けている方は自分の香りをチェックしてみるとわかり易いです。

香りのあるものを付けない方は、いつもの場所で深呼吸をし、いつもよりその臭いが強く感じれば前兆が出ているのかもしれません。このように嗅覚に違和感を感じた場合は、なるべくリラックスできる状態を作ることをおすすめします。

少し体を休める。リフレッシュタイムを10分でもいいので取ってみる。カフェインを普段から取っている方は、少し砂糖を加えた甘めのコーヒーを飲むのもおすすめです。血圧が下がるとこのような状況になることもあるので下がりやすい人は血圧を下げないお薬を持っておくと良いでしょう。

このように偏頭痛の前兆は人により様々で多様です。ですが、何より大切なのは自分に合った対象法をゆっくり見つけていくことです。焦りすぎたり、変に意識したりすると偏頭痛を呼び起こす要因となります。

日々気持ちを落ち着け、疲れた時は短くても良いのでリフレッシュ出来るタイミングをとってみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ