治らない偏頭痛と一生うまく付き合って行くために 女性 29歳 E.S.さん

偏頭痛が現れたのは、私が思春期あたりからでした。

もともと母が偏頭痛もちというのも関係しているようでしたが、突然の偏頭痛のはじまりに驚きを隠せませんでした。

偏頭痛の予兆

偏頭痛の予兆が何かある人とない人がいるらしいですが、私の場合はいくつか前兆があります。普段なにか薬を服用しているわけではないので、薬の副作用とかではなく、とにかく睡魔が突然襲ってきます。

仕事をしていても何をしていてもあくびがとまりません。場合によっては朝起きたときから嫌な眠気が続きます。だんだん顔が火照ってきて、視野がすこし曇りはじめると間違いなく1時間後からは頭痛がはじまります。

偏頭痛と吐き気

私の場合、偏頭痛が始まってから鎮痛剤を服用しても9割効きません。頭痛が始まってもすぐに横になれない常態だったり、出先だったりする場合が1番厄介です。

そのまま放置しておくと、だんだん目まいが出てきます。頭痛と目まいで頭はだる重く、後頭部から肩にかけて重くて熱くなります。熱があるのか。と疑うほどの熱さです。

こうなってしまうと目まいで吐き気が止まらなくなり、最後は嘔吐します。嘔吐したあと10分間くらいは楽になるのですが、目まいが和らぐだけで根本的な解決には至りません。

私の鎮痛剤、市販薬

私は偏頭痛が起こる前に服用しても効果のない市販薬があります。必ず効果を発揮してくれるのは、医師からも処方されるけれど最近は薬局でも購入が可能なロキソニンです。

最近はロキソニンか、ノーシンを服用します。バファリンやイブは私の場合効きません。人によるそうなので、自分に効果のあるものを選ぶことが大切なのかもしれません。

解決策は?

1番早い方法は医者にかかることです。偏頭痛以外の理由が考えられる場合は検査に回されます。私もMRI検査をしましたが、脳に異常はなく、頓服が処方されました。

医者から処方される偏頭痛の頓服は10分程度で効果がでて痛みが消えます。医者に処方された薬を服用するのはもちろんですが、なにより規則正しい生活を送ることです。

寝不足が続くと必ず偏頭痛に繋がります。もしも偏頭痛になってしまったら、携帯やテレビ、大きな音などを避け暗い部屋で数時間眠ることです。これだけでかなり違います。

また定期的にリラクゼーションサロンなどでヘッドスパや首から肩へかけてのマッサージをしてもらうと偏頭痛が少なくなりました。偏頭痛は睡眠第一ですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ