偏頭痛に効く食べ物とは?痛みの予防と対処のために!

偏頭痛(偏頭痛)に悩まされている女性は多く、薬も効果がなくて困っている方も多いのではないでしょうか。偏頭痛があると、仕事に支障をきたしたり、日常生活にも悪影響を及ぼしたりします。

今回は、厄介な偏頭痛に効果のある食べ物について説明していきたいと思います。

偏頭痛は市販薬を飲んでも効果が無い?

頭が痛いと、頭痛薬を内服してやり過ごそうとする女性の方も多いのではないでしょうか。しかし、偏頭痛の際に市販の頭痛薬や鎮痛薬を内服しても、あまり効果がなく、痛みを我慢するしかないという方も多いようです。

偏頭痛でも、軽度の場合は市販の鎮痛薬が効くこともあるようですが、基本的には市販の鎮痛薬は偏頭痛に効果はありません。なぜなら、市販の鎮痛薬は偏頭痛の原因となる血管の縮みや膨張に対して働くことができないためです。

鎮痛剤は主に神経系に対してはたらき、血管そのものには作用しないのです。ですが、偏頭痛にも色々と種類があり、市販薬によっては効果があったり無かったりする場合があるようです。

市販薬で効果があったときは、製品名や薬の成分名を記録しておくと、病院に受診した際に役立つかもしれません。

偏頭痛を予防する効果のある食べ物とは?

偏頭痛には市販薬が効きにくいため、病院で処方される薬を内服するのが一番効果的ですが、病院に行く暇が無かったり病院に行くほど症状が重くなかったりするときもあります。

そのような時、できるだけ薬に頼らない方法で偏頭痛を予防するにはどうしたら良いのでしょうか。ある実験では、毎日1リットルほど水を飲むようにしたら偏頭痛などの頭痛に効果があったとされています。

また、マグネシウムとビタミンB2を積極的に摂取すると偏頭痛の予防に効果があるとの報告もされています。マグネシウムは、特にしらす、あさり、油揚げ、海藻類、納豆、がんもどき、ココアなどに多く含まれています。

マグネシウムには血管の伸び縮みをコントロールする作用があり、神経の興奮を抑えるはたらきもあることから、偏頭痛やイライラ・不安を感じやすい方に効果的です。

また、ビタミンB2は牛肉や豚肉、魚肉ソーセージ、納豆、アーモンド、卵黄などに多く含まれています。ビタミンB2には脂肪の代謝を高めたり、健康な髪や肌をつくったりする作用もあるので、女性の美容にとって絶好の成分だと言えます。

普段から、意識してこれらの食品を摂取することをおすすめします。

すでに偏頭痛が起こってしまっていたら?

次に、すでに起こっている痛みを和らげる作用のある食べ物についてです。軽度の偏頭痛は、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物で治まることが多いです。

なぜなら、カフェインには血管を縮ませる作用があり、血管が広がることによって生じる偏頭痛に対して効果を発揮するためです。しかし、カフェインをとりすぎると痛みが増す場合があるので、飲みすぎはおすすめしません。

また、甘いものを食べると、偏頭痛が和らぐことがあります。偏頭痛はストレスによって引き起こされる場合が多く、甘いものはストレスに役立つとされているためです。

砂糖にはセロトニンの産生を高めるはたらきがあり、これがストレスによる偏頭痛を和らげると考えられています。偏頭痛に悩まされている方は以上のことを試してみてはいかがでしょうか。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ