生理前症候群の症状で偏頭痛に悩んだ私が選んだ解決法や対策について 女性 39歳 T.I.さん

私は30代後半の主婦です。私が偏頭痛に悩むようになったのはここ数年の話。

特に症状が出やすいのが生理の始まる7日前後前から生理直前までということで、女性ホルモンの乱れからくる月経前症候群(PMS)の一つだと思いました。

偏頭痛になると普段通りに生活をすることができなくなるため、市販の鎮痛剤で対応していましたが、もっと根本的な治療法はないか?と考えて数か月前に思いきって近所の産婦人科の門をくぐりました。

産婦人科でのカウンセリングと薬の処方

産婦人科で偏頭痛のことを相談すると、やはり月経前症候群の症状の一つではないか?

との診断でした。生理前に分泌される黄体性ホルモンに体が過敏に反応してしまうことによって、偏頭痛に苦しむ女性は多いとのこと。月経前症候群の症状は多岐に渡るようでその出方も人それぞれだそうです。

偏頭痛や腹痛等痛みが伴う症状には、その痛みを取るために漢方薬である”呉茱萸湯(ごしゅゆとう)”が体への負担少なく、症状を緩和できるとのこと。とりあえずということで2週間分の呉茱萸湯が処方されました。

呉茱萸湯を飲むようになってからの変化

ちょうど診察に行ったのが生理の2週間前だったということもあって、早速その日から毎日食前3回呉茱萸湯を飲みだしました。

呉茱萸湯は粉末で漢方特有の苦みがありますし、毎日3回飲むようなので、慣れるまでスムーズに飲むことに抵抗がありました。それでも少しでも症状が緩和されるならという思いから、呉茱萸湯を飲み続けました。

産婦人科の看護師さんからも呉茱萸湯は偏頭痛にかなり効くと言われていた通り、生理7日前の偏頭痛の出やすい時期になっても、いつものような痛みが起きません。

結局呉茱萸湯を飲み続けていたことで、その月は生理前の偏頭痛が全くなく快適に過ごすことができました。

その後の偏頭痛への対策

呉茱萸湯で偏頭痛が解消されることが分かり、それ以降定期的に産婦人科で呉茱萸湯を処方してもらっています。

この頃は生理前の一週間のみの服用でも偏頭痛が出なくなってきました。その他にも偏頭痛の原因には過度なストレスを溜めることがよくないと言われたので、意識的にストレスを溜めないように心掛けるようになりました。

また食生活に関してもコーヒーやお酒の飲みすぎがよくないと聞いたので、適量を守るように心がけたり、手足を冷やすことも偏頭痛につながるということで、入浴の際には半身浴で、しっかりと体を温めることを習慣にもしています。

これらの対策により以前のように偏頭痛に悩むことはなくなりました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ