脳過敏症候群のメカニズムとは?怪しいと思ったら病院へ!

原因不明のめまいや不眠、耳鳴りが続くことはありませんか?一時的なものであればなんともありませんが、それらの症状が続くと、病気を考えたほうが良いかもしれません。

今回は、それらの症状が起こった場合に疑う疾患である「脳過敏症候群」について説明していきたいと思います。

脳過敏症候群とはどのような病気なの?

脳過敏症候群とは、脳の興奮がなかなかおさまらない状態が続く病気です。脳は普通、刺激によって興奮が起こっても、それをおさめる機能が備わっています。

しかし、脳過敏症候群になると、刺激が消失しても脳がずっと興奮している状態になります。しかも、普通は刺激で脳の後ろ側だけが興奮しますが、脳過敏症候群だと脳全体に興奮が生じます。

脳の横部分に興奮が広がると耳鳴りとなり、前の方に広がると不眠の原因になります。その興奮状態は、最大で72時間も続くと言われており、この異常な興奮状態が、激しいめまいや耳鳴り、不眠という症状につながってしまいます。

脳過敏症候群の原因とは?偏頭痛に注意!

もともと偏頭痛を持っている方、あるいは偏頭痛の家系に方、偏頭痛体質の方は、偏頭痛を放っておくことによって、年齢を経ることでだんだんと脳が興奮しやすい状態となります。

これが、脳過敏症候群の原因と言われています。つまり、偏頭痛を放置した結果生じる病気であると言えます。血管は普通、伸び縮みを繰り返すことによって血液の流れを調整しています。

ですが脳の興奮により、血管が縮むことができず膨らんだままになります。偏頭痛では、この膨らんだ血管が神経を刺激して痛みが生じるというメカニズムです。

その痛みを市販の鎮痛剤で抑えるだけでは、痛みは消えても脳の興奮は残ったままになってしまいます。長年その状態になることで、脳の興奮が脳過敏症候群を引き起こすというわけです。

脳過敏症候群かも?と思ったときは…

脳過敏症候群を発症するまで、頭痛に悩んできた方が多いでしょうが、偏頭痛は、将来的に脳梗塞などの重大な疾患を招くリスクもありますので、痛みを我慢することは決して良いことではありません

頭痛や耳鳴り、めまいに悩んだら、病院を受診して検査を受けることをおすすめします。特に耳鳴りやめまいがひどく、吐き気も生じて日常生活に支障をきたすようであれば、放置せずになるべく早めに病院へ行ってください。

この病気は比較的新しい病気であるため、専門医に診てもらうことが重要です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ