女性ホルモンと偏頭痛の関係が深かった!妊娠中は偏頭痛が起こらない理由

慢性頭痛の患者数は4000万人を超えると言われていますが、そのうちの1/5は偏頭痛患者だと言われています。

しかも、偏頭痛で悩んでいる人の大半は思春期から更年期にかけての女性というから驚きですよね。その理由を女性ホルモンの関係と共にご紹介します。

偏頭痛と女性ホルモンの深い関係

男性よりも女性に偏頭痛が多いと言われているのは、偏頭痛が女性ホルモンの作用によって誘発される可能性のあるものだからです。その証拠に、女性の偏頭痛が重症化しやすいのは、思春期から閉経するまでの更年期の間。

閉経を迎えると、これまで何十年も悩んでいた偏頭痛がスッキリ治ったなんて女性は多いのです。特に、女性ホルモンの量が増えたり減ったりする変化に敏感なので、生理前など、ホルモン量が変化する時期には頭痛が悪化しやすいのが特徴です。

生理前、排卵前になると決まって偏頭痛が起こるという女性が多いのはこのためです。

妊娠中は偏頭痛がピタリとやむ女性が多い

女性の体は、赤ちゃんを体内で育てるために1か月の間でホルモン量が大きく変化します。

元気な卵子を作って、体の中で妊娠の準備をし、妊娠しなければそれらは生理の出血と共に体外に排出されるというわけです。しかし、妊娠するとその必要がなくなります。

体内で赤ちゃんを育てるだけでよくなるので、女性ホルモンの量が上下する幅が少なくなるのです。その結果、偏頭痛も起こりにくくなります。日本頭痛学会の出した発表によれば、妊娠中の女性のうち8割以上に偏頭痛の改善が見られたと言います。

ただし、産後1週間たってホルモン量が変化しだすと、偏頭痛は再発する可能性が高いのでご注意ください。

辛い偏頭痛への対処方法

偏頭痛の原因は、血管が広がってほかの神経を刺激してしまうことが原因。

神経というのはとても敏感ですから、ちょっとした刺激でも痛みが激しくなったりしてしまうものなのです。女性特有の偏頭痛の痛みを何とかしたいのなら、痛みが起こった初期段階で頭部を冷やしてあげるといいでしょう。

物理的に外から冷やしてあげることで、広がった血管を収縮させる効果が期待できます。ただし、頭部を冷やして痛みが悪化するようなら、緊張性頭痛の可能性も。

痛みの変化を見て対処してくださいね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ