偏頭痛はストレスが原因になっている!その理由は?

偏頭痛はつらい症状にもかかわらず、こんなことで仕事を休むわけにもいかず、鎮静剤を飲みながら、無理をし続けてしまうものです。

ただの頭痛、されど頭痛。長引く頭痛は体力も奪っていきます。

さて、偏頭痛になる原因にストレスが大きく関わっているようです。

ストレスが原因で起こる頭痛

ストレスが原因となって起こる頭痛は2種類挙げられます。緊張型頭痛と偏頭痛です。

緊張型頭痛主に、後頭部に感じる頭痛です。長時間に渡ってのデスクワークやパソコン作業などで、同じ姿勢を取り続けたり、目を酷使してしまったため、周辺の血流が悪くなり、肩が凝って、首、頭に痛みが渡るという流れで症状が起きます。

脳の伝達物質であるセロトニンという物質があり、セロトニンは血管を収縮させたり、拡張させたりすることに関わっています。ストレスにより、セロトニンの調整がうまくいかなくなると、血管がピクピクして、近くを通っている神経を刺激し、あのズキッと脈を打つような頭痛が頭の片側で起こるのが、偏頭痛です。

偏頭痛を改善するには

偏頭痛の治療には薬物療法が中心となりますが、同時にストレスを軽減させることが重要です。長時間のデスクワークが仕事に人は、1時間に1度はデスクから離れて、目を休ませたり、肩周りのストレッスをし、凝ってしまった体をほぐし、全身の血行改善を目指しましょう。

そして、偏頭痛型の人は、ストレスをためないように、好きなことや、軽いスポーツなどを行って、日頃のストレスを上手に発散していきましょう。

慢性化させないことが大事

たかが頭痛とそのままの日常を続けていると、この2種類の頭痛が合わさった混合型頭痛を引き起こす可能性があります。なるべく頭痛を慢性化しないように、早めに医療機関を受診し治療をしましょう。

また過労や睡眠不足もストレスにつながります。規則正しい生活を心がけ、適切な治療を早めに受けるように注意しましょう。このように偏頭痛はストレス大きく関わっていることがわかりました。

頭痛が起きたら、体が疲れているもしくは、ストレスがかかっているサインということです。頭痛が慢性化すれば、治療にも時間がかかります。早めに対処していきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ