便秘で気持ちが悪いのに偏頭痛が来た?自律神経と大きな関係があるのです!

女性に多い事で知られているのが便秘です。生理の時などになりやすいという事はよく聞くのですが便秘の後に偏頭痛の発作が来る事もあります。

ただ出ないという便秘も辛いのですが、気分も悪くなり嘔吐まである事で気分は最悪になります。具合が悪くてふらふらしながら、後片付けをしていると悲しくなります。そして、追い討ちをかけるように、偏頭痛が始まるのです。

多少の差があってもこんな思いをされた女性はいますよね。こんな状況を少しでも改善する事が出来ないかと思い、便秘と偏頭痛について調べてみました。

便秘と偏頭痛が一緒にどうして?自律神経が関係ある!

便秘と頭痛なんて何も関係がないように思えるのですが、実はとっても深い関係があるのです。便秘になる事で連鎖反応のように偏頭痛を起こしているのです。

偏頭痛とは

偏頭痛とは、何かの病気がある訳でもないのに突然頭の片側または、前全体や後ろ全体時に広がりやがては頭全体にまで、痛みが広がります。その後に吐き気や、めまい等の症状がでます。

偏頭痛は自律神経の仕業でもあります

何らかの原因により頭の中で、血管が拡張して周りにある神経に刺激を与える事で始まり、血管が収縮する事と拡張する事を繰り返す事によって、炎症して痛みが生じるのです。この血管の動きが自律神経の仕業なのです。

偏頭痛の前兆の時がある

偏頭痛には、前兆がある偏頭痛と、無い偏頭痛に分ける事が出来ます。便秘については偏頭痛の前兆として起こるものの、ひとつとして知られています。

便秘で偏頭痛?自律神経が与える影響!

自律神経とは、身体の活動を正常状態に保つ為の働きをする神経です。活発に動いている時の交感神経と、休息している時の副交感神経という全く違う働きをする神経に分かれています。

便秘も自立神軽によるもの

自律神経のひとつ副交感神経の働きの中には、食べたものの栄養を腸で吸収して、便や尿で排出するという役割がありますが。自律神経が乱れる事で、この腸の運きに支障が出て腸の蠕動(ぜんどううんどう)が乱れる事になり、便が出にくくなり、便秘へと繋がります。

便秘が始まった偏頭痛が来る?その時に出来る事!

便秘が始まる事で、体調の悪い事にイライラして落ち込んだり次に来る偏頭痛の事を心配して不安になったりするよりも、今出きる事をしましょう。

固くなった便を出やすくする

便が出口の所で乾いて固まり出にくくなっていたり、全体的に固くなって外に出にくくなっていたりしてます。病院などでは乾いた便を出しやすくする薬が処方されます。

ご安心下さい、家にあるもので出来る事もありますのでご案内します。

  • 一つは、キッチンにある「オリーブオイル」を使います。料理に使っても良いのですが、大匙1杯をそのまま口に入れてのみます。これが一番のお薦めです。パンに同じ量を塗って食べても効果は同じです。簡単ですよ。
  • 二つ目は、食べれるアロマエッセンシャルオイルがありましたら「バジル」「マジョラム」「ジンジャー」「ローズマリー」のいずれか1種類、1滴を480mlの水に入れて飲むだけで大丈夫です。
  • ※アロマエッセンシャルオイルは、芳香のみ使用出来るものと、口に入れて食べられるものと種類があります。必ず食べられる方をお使い下さい。

身体を動かす事

日頃の運動不足解消も兼ねて、家の掃除をしましょう。わざわざジム等にお金をかけなくても、外に出なくても大丈夫です。

普段モップなどを使って簡単にしている方も、雑巾をつかって身体全身を伸ばして動かして窓拭きや床掃除をする事で、簡単に全身無駄なく動かす事が出来ます。効果が期待出来ますよ。

便秘と偏頭痛の解消の為には?バランスが大事です!

健康な人は、交感神経と副交感神経のバランスがとれていています。昼間の仕事等で疲れた身体を、夜ぐっすりと眠れる事で疲れた身体を休める事が出来ます。そうすると朝、起きる時には元気な状態で目を覚ます事が出来て、昼間元気に身体を動かす事が出来るのです。

自律神経を整えます

自律神経が乱れる事で、引き起こされる便秘の原因のひとつはストレスです。ですからストレスをなくして自律神経を整えて、自律神経を正常な状態に戻してあげる事が必要です。

水分を摂ることも、消化器系を動かす事になるので自律神経を整えるのには高い効果を期待する事が出来ます。

便秘で来る偏頭痛の時は便秘薬?規則正しい生活が1番!

しつこい便秘を治したいと思う時、便秘薬を飲む事を最初に考えますが偏頭痛と関係している便秘の時には、薬の効果を期待する事は難しいです。

それよりも、手軽にすぐ出きる事をしましょう。そして普段の生活を規則正しく見直すことを考える事が必要です。

食品のマグネシュウムです

マグネシュウムは、人間にとってとても大切なミネラルのひとつであり、筋肉の収縮などにも関係があります。1日の摂取量目安は、成人男性が340g、成人女性が270gになります。

マグネシュウムには、水分を集める働きに優れているので便を柔らかくする事が出来るので、自然と出やすくなります。

  • 一つは、干しひじき100gで620mg
  • 二つ目は、干しえび100gで」520mg
  • 三つ目は、昆布100gで520mg

上手な摂り方はバランスよく食べる事、ストレスはマグネシュウムを多く消費して欠乏状態にします。規則正しい生活習慣が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?便秘と偏頭痛の関わりについてご案内させて頂きました。便秘から来る偏頭痛の対応として大事なのは、便秘を解消する事です。その為には便を柔らかくして、出やすくしてあげる事になります。

下剤などはこのような便秘には効果は期待できません、生活習慣を見直して規則正しい食生活等でストレスをなくす事です。

身近にある物で出きる事、簡単に出きる事をご案内させて頂きました。是非、お試し下さい。どうしても無理な時には、病院での受診をお薦めします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ