偏頭痛は名誉の負傷?偏頭痛にならないように気を付けたこと 女性 35歳 Y.N.さん

大学2年生の頃、初めて偏頭痛になりました。

当時、所属していたサークルの大会と定期試験が重なり、睡眠時間が少なくなり、食事の時間もしっかりとれていませんでした。フラフラになりながらも、すべてを終えた時に、倒れ病院に運ばれました。

疲労からくるものだと言われ、念のため入院することになり、入院手続きなどすべて済ませて、パジャマに着替えて、ベッドに入り、少ししてから、激しい頭痛に襲われました。

これが最初に起こった偏頭痛でした。

忙しい期間が落ち着くとやってくる

この時以来、休む暇もなく忙しく生活しているのが落ち着いて、ほっと一息つくと偏頭痛が起こるようになりました。

社会人になってからは、企画したイベントまでタイトなスケジュールで気を張り詰め生活していたのが、無事終了して、気が抜けたときに偏頭痛が起こり、1か月に1度は起こります。

大体、仕事を終えて自宅に帰り、夕食を済ませたあとに起こることが多いです。

偏頭痛は名誉の負傷?

最初は、あまりの痛さに驚きましたが、入院しているときだったので、看護士さんが「薬を飲んで安静にしてたらすぐ治りますよ」と優しく声をかけて下さったので、言われた通りにしました。

その後、自宅にいるときに偏頭痛になっても、病院で処方してもらった鎮痛薬を飲んで安静にしています。偏頭痛は、名誉の負傷だと思って、身体を休めるようにします。

張り詰めないようにセーブする

結婚して、出産を考えるようになってから、お薬に頼らず、偏頭痛と付き合っていこうと思いました。生活スケジュールが忙しいと、気持ちが張り詰めがちですが、食事や睡眠をしっかりとって、お風呂に入ってリフレッシュするよう心がけています。

緊張していたものがほどけると、起こるので、緊張をなるべくしないように食事、睡眠、入浴をして予防しています。

生活スタイルにゆとりをもつ

仕事を辞めてからは、次は出産にむけて身体を整えていこうと思っています。妊婦中は、鎮痛薬に頼れないので、明日に回せることは明日に回して、1日のなかで、スケジュールを詰め込みすぎないでゆとりをもつよう気を付けるようになりました。

1か月に一度起こっていた偏頭痛ですが、今では年に3回くらいしか起こらなくなりました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ