本当はよくわかっていない?偏頭痛のメカニズムについて解説!

近年ますます頭痛に悩む人が増えています。しかし一口に「頭痛」といっても、緊張型頭痛や風邪などの症状で頭痛になるパターンなど様々あります。ですが、なかでも偏頭痛に悩まされる人は増加して続けており、対処法に関しても様々な情報が飛び交っているのが現状です。

そこで今回は、偏頭痛のメカニズムに焦点を当て、具体的にどういう経緯で頭痛が起こるのかをできるだけ明らかにしていきます。

血管の拡張のせい?偏頭痛の引き金は何か

まずは、偏頭痛のメカニズムを知る上で重要な「痛みの性質」と痛みが発生する原因について説明します。

痛みの性質が違う?

私たちが普段「頭が痛い」というとき、どれも同じような痛みを想定しているように思われがちです。ですが、実は頭痛の「痛み」には様々あり、それがどういう性質のものかによって頭痛の種類が変わってきます。

一般的に緊張型頭痛と呼ばれるものは、頭部全体が締め付けられるような鈍い痛みが広がっているような感覚がするのです。一方、偏頭痛は一般的にそういった痛みではなく即頭部やこめかみの辺りがズキズキと脈打つような痛みを覚えるのが特徴です。

これは他の頭痛とは一線を画するものですから、ある程度原因が特定しやすくなっています。

偏頭痛は血管の拡張が原因

偏頭痛の原因とされているものは頭部の血管の拡張であり、それが周りの神経に影響を与えて痛みが生じるといわれています。

具体的には、拡張した血管によって神経が圧迫されたり引っ張っられたりすることによって痛みが出てくるのですが、実はどうして神経に痛みを伴うほど血管が拡張してしまうのかについて詳しいところまではわかっていないのです。

そしてその拡張には様々な要因があり、気圧の変動やその人のストレスなどが引き金となって血管の膨張に繋がるといわれています。

三叉神経とは何か?偏頭痛のメカニズム

次に頭部の血管拡張の影響を受ける三叉神経について詳しく説明します。

三叉神経が圧迫される

既に説明したように、血管の拡張が神経を刺激して頭痛となるのが偏頭痛といわれるものですが、特に頭部の血流が増えて血管が拡張し、脳の「三叉神経(さんさしんけい)」というところが圧迫されるのが主な痛みの原因ではないかという説が有力です。

三叉神経とは脳に12対ある神経の一つであり、脳神経のなかでも最大のものですからその影響も甚大です。この神経が圧迫されてしまうことによって痛みの原因となる炎症物質が分泌され、それが実際に血管の周りに炎症をつくってしまうのが偏頭痛と呼ばれる一連の症状となります。

痛みの期間は人によって様々

偏頭痛の痛みが続く期間は人によって様々ですが、なかには数日頭痛が続いてしまうという人もいます。単純に「頭が痛い」といって割り切れるほど簡単なものではありません。三叉神経のような巨大な神経が長時間圧迫され続けるのですから、酷い場合は嘔吐を伴うほど苦しむことになってしまいます。

誘引は様々?偏頭痛の引き金となるもの

ここでは偏頭痛の誘引となる様々な要素について簡単に説明します。偏頭痛持ちの人は自分のケースに当て嵌めて考えてみてください。

血管拡張の原因は?

繰り返しますが、なぜ神経を圧迫するほど血管が拡張してしまうのか詳しいところまでは解明されていないのが現状です。しかしこういった偏頭痛の誘引としては、以下のようなことが挙げられています。

    <偏頭痛の誘引となるもの>

  • 精神的なもの(緊張、ストレス、慢性的な疲れなど)
  • 環境的なもの(天候・気圧の変化、温度差など)
  • 食事に関するもの(頭痛になりやすい食品の過剰摂取、アルコールなど)
  • 内因性のもの(ホルモンバランス、月経周期など)

このように、様々な要因が偏頭痛の引き金となってしまうのです。

精神的誘引は人によって様々

特に精神的なものに関しては人それぞれ違ったバロメーターをもっています。それゆえに、ある人にとっては誘引とならないものでも、別の人にとっては激しい偏頭痛の誘引となってしまう可能性があります。

ですから一人ひとりがどういう状況で偏頭痛になりやすいのかを自分なりに明らかにし、日常生活においてなるべくその要因を排除していくことが肝要となるのです。

セロトニンにも要注目?血管が拡張する原因

ここでは、偏頭痛の原因の一種といわれる「セロトニン」について説明します。

セロトニンとは?

そして偏頭痛の引き金となる血管拡張の原因としては「セロトニン」の影響も考えられています。セロトニンとはドーパミンやノルアドレナリンと並ぶ3大神経伝達物質のひとつであり、別名「幸せホルモン」などとも呼ばれる、私たちの精神に大きな影響を与える物質のことです。

これが血管の収縮と拡張に大きな影響を及ぼすのです。

セロトニンと血管の関係

人間が過度なストレスを受けると、同時に脳も刺激され大量のセロトニンが放出されることになります。このセロトニン自体は脳の血管を収縮させる機能をもっているのですが、これが大量に放出されて分解された後、今度は急激に減少してしまうようになります。

それによって縮んでいた血管が急激に拡張するために頭痛が起こってしまうというわけです。このあたりの説明には諸説あるようですが、いずれにしても私たちの脳にとって重要なセロトニンの増減も偏頭痛の原因の一つといえるでしょう。

偏頭痛が起こったら?早めの対策が重要!

最後に、実際に偏頭痛に見舞われたときの対処法について説明をします。どれも有効なものですので、ぜひ実践してみましょう。

光や騒音を避ける

それでは、実際に偏頭痛に見舞われたらどうすればよいのでしょうか?

基本的には光や騒音のない場所で安静にしておくことが重要です。まぶしい光や騒音は編ずつを悪化させてしまう原因となりますが、多くの人は実際に偏頭痛になると自然とそういう光を避けたいと思うようになります。それに従えばいいのです。

また動き回らずに横になりたいと思う人も多いはずです。実際、暗い場所で横になって安静にしていると楽になってくるのが偏頭痛の特徴です。

即効性のある手段は冷やすこと

積極的な偏頭痛対策としては「冷やす」ことが挙げられます。頭部や首周りを冷やすことによって血管が収縮しますから、それによって痛みを緩和することができるのです。

それでも長時間よくならなければ、早めに薬を飲みましょう。市販の頭痛薬でもよいですし、処方箋を出してもらえば自分の偏頭痛の症状に合わせた薬も手に入ります。症状に個人差が出てしまうのが偏頭痛の特徴でもありますから、自分に合った対策を確立しておく必要があるでしょう。

まとめ

偏頭痛が起こるメカニズムをなるべく詳細に説明してきました。ですが、本文中でも説明したように偏頭痛についてはいまだに分かっていないことが沢山あります。根本的な解決策が確立していない以上、自分に合った対策をしていくしかありません。

ただ、多くの偏頭痛持ちに効果のある対策はある程度確立されていますから、それを参考にして、なるべく薬に頼らない治しかたを考えておきましょう。自分に合った対策こそがベストなのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ