耐えられない痛みの偏頭痛!受診してうまく付き合おう 女性 28歳 Y.Y.さん

ズキズキと襲ってくる偏頭痛。一度痛みが始まるとなかなか治まらないのです。

ひどいときには吐き気やめまいも…。脈打つような痛みや、頭を締め付けられるような痛みで、ひどくなると動くことすらできません。

だからといってじっと寝ていることもできません。私の場合、一度痛み始めると翌日まで治ることはありません。

もちろん、処方薬を使用すれば楽にはなりますが。私の経験をお伝えしたいと思います。

偏頭痛の始まり

私は小学生の頃から起立性低血圧があり、立ちくらみをよく起こしていました。

そのため、立ち上がっときのめまいは当たり前のようにあり、日常茶飯事でした。大学生になったばかりのある日、たまたま帰省していた時にそれは起こりました。いつもよりもひどい立ちくらみで、体が痺れ、一瞬で気を失ってしまいました。

その後2分程意識がなかったそうです。目が覚めてみるととてもひどい頭痛で起き上がることができませんでした。頭を何かで殴られているような、そんな耐えがたい痛みでした。

どうやら、倒れた時に頭を強打したようなのです。急いで救急に運ばれ、受診することになりました。検査の結果、幸い頭に異常はなく、激しくぶつけたせいだろうということで経過観察になりました。それ以降、私は頻繁に偏頭痛を経験することになったのです。

痛むときの予兆・予測

よく偏頭痛が始まる前は閃輝暗点や耳鳴りがすると言われますが、私はほとんどその予兆がないのです。私の予兆は目の奥の痛み・軽い頭痛なのです。

一般的に言われている予兆がないため、痛くなってからの対処になってしまうことがほとんどです。急に痛み始めるのです。また、強いて言うならば天気・湿度も影響していると思います。

低気圧が近づくと必ずと言っていいほど偏頭痛がやってきます。数日後までの天気予報のチェックは欠かせません。

痛みへの対処法。市販薬は効果なし

偏頭痛が始まった頃は必死の思いで市販薬に頼っていました。

しかし、まったく効果がないのです。飲んでじっと待ってみても、一向に痛みは引けません。思い切って受診した際に医師に言われたことは、「偏頭痛には普通の痛み止めは効かない。専用の薬でないと意味がない。」ということです。

また、「痛み始めたら、痛みだすと思ったら先手必勝で飲むのが一番効果的」とのことでした。言われた通り専用の薬を飲むと嘘のように痛みがひけていきました。

飲んでから一眠りすると、動ける程度の軽い頭痛まで改善しているのです。そして気が付くと治まっていました。自己判断で市販薬を飲んでいた時は通常量では効果がなかったため、通常量よりも多めに飲んでいたことから体にも負担が大きかったと思います。

早めに受診して正解でした。また、薬以外の対処法としては頭を冷やすこと、部屋を真っ暗にすること、なるべく静かな環境を作ることをしています。どれも痛みが和らぐわけではありませんが、外部刺激があると頭痛が悪化するため少しでも悪化を防ぐために行っています。

予防策としてできること

私にとって予防策としてできることはまだ見つかっていません。偏頭痛が始まるような違和感・痛みが少しでもあればすぐに処方薬を服用することくらいです。前述したとおり天気予報の確認や、外出先の環境を把握しておくことも大切かとは思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ