薬に頼る必要は無い!?偏頭痛予防に効果のある食材とは?

何の前触れもなく頭がズキズキ痛みだす…いわゆる偏頭痛に悩まされている女性って多いですよね。

偏頭痛の激しい痛みを緩和するために市販の鎮痛薬を飲む方も多いですが、鎮痛剤を日常的に飲み続けると薬が効きにくい体になるといいます。

体が薬に慣れるのを防ぐためには、できる限り薬に頼らず、普段から偏頭痛対策をしておくことが重要なのです。

ここでは、偏頭痛予防に効果があるとされる食べ物について詳しく解説していきます。

偏頭痛の原因とは?

偏頭痛は慢性的な頭痛の一種で、こめかみのあたりがズキズキと痛むのが特徴です。頭の片側のみに痛みが発生することが多いため偏頭痛と呼ばれることもありますが、頭の両側に痛みが発生することもあります。

偏頭痛が発症したとき、頭部の血管は通常時よりも大きく収縮と膨張を繰り返しています。血管が大きく膨張して頭蓋骨や脳が締めつけられることで感じる痛みなんです。偏頭痛の痛みを、頭が締め付けられるような痛みだと表現する人がいますが、まさにその通り。偏頭痛は血管が頭を締め付けることで起こる症状なんです。

偏頭痛を予防する効果がある栄養素とは?

偏頭痛予防には、ビタミンB2とマグネシウムが効果的だとされています。偏頭痛に悩まされている複数の女性にビタミンB2のサプリメントを3か月間続けて飲んでもらったところ、1か月を過ぎたころから偏頭痛の発症頻度が減り始め、3か月目には実験参加者の60%が症状の改善を実感できたそうです。

完全に偏頭痛が治るというわけではありませんが、痛み出す回数が減ったり、ビタミンB2を摂取する以前に比べて痛みが小さくなったと感じた参加者が多かったようです。ビタミンB2と同様、偏頭痛予防に効果が高いと考えられているもうひとつの栄養素がマグネシウム。

マグネシウムには血管の収縮・膨張をコントロールする働きがあるとされています。神経の興奮をおさえる働きも期待でき、十分な量のマグネシウムを日常的に摂取している人は、偏頭痛になりにくいと言われています。

ビタミンB2やマグネシウムを多く含む食材は?

ビタミンB2やマグネシウムを摂取すると偏頭痛が起こりにくくなります。サプリメントで摂ることも可能ですが、日常的にビタミンB2やマグネシウムを摂りたいなら、これらの栄養が多く含まれた食材を食べることをオススメします。

ビタミンB2やマグネシウムを多く含む食材は以下の通りです。・ビタミンB2を多く含む食材豚レバー、牛レバー、焼き海苔、鶏レバー、あおのり、レバーペースト、とうがらし、キャビア、うなぎの肝、魚肉ソーセージ、納豆、アーモンド・マグネシウムを多く含む食材あおのり、大豆、きなこ、干しひじき、アーモンド、ひまわりの種、ごま、しらす、油揚げ、納豆、ココア、するめいか、干し海老、玄米こうして見てみると身近な食材が多いですね。

これなら普段から偏頭痛予防のための食事を摂ることも難しくなさそうです。特に、アーモンド、あおのり、納豆の3つは、ビタミンB2とマグネシウムの両方を多く含んでいるので、積極的に食べるようにしたいですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ