天気が悪くなると頭が痛くなるのはどうして?気候変化を予測して頭痛を予防! 女性 44歳 W.S.さん

天気が悪くなると決まって頭が痛くなるみたい。

「雨のせいで頭がズキスキしてきた」・・・これってどうして?

天気がくずれると頭痛がする、関節や古傷が痛む・・・。

こうした天気と体調不良の原因は偶然ではなく「気象病」という名前が付けれらています。偏頭痛の原因もこの気象病のひとつと言われています。

ひとつ目の原因は気圧の変化

人体には気圧によって空気の圧力がたくさんかかります。気圧が全身に均等にかかっているのと、体の内部からも外気の圧力を押し返す力がはたらいているため、通常は圧力による影響を感じることはありません。

しかし天気がくずれて気圧が低くなると、外気の圧力が弱まって体がほんの少し膨らみます。その結果、膨張した血管やリンパ管がふだん触れない神経を刺激し、痛みを生じさせることがあるのです。

ふたつ目の原因は気温の変化

体の機能は「一日のうち朝は気温が低く、日中は気温が高くなる」「夏は暑くて冬は寒い」というように一日の気温変動や季節の感覚がインプットされていて「おそらくこうなるであろう」という予測に基づいて調整されています。

しかし、起床時よりも日中の温度が低い、冷夏で連日肌寒いなど予測と大幅に異なる状態になると、体内環境を整えている自律神経に乱れが生じ、さまざまな体の器官の調整がうまくいかなくなってしまうのです。

また、急激な温度変化や、長期間続く悪天候は大きなストレスになるとも言われています。

自分の体調の変化と天気のかかわりをチェック

気候の変化に大きな影響を受けると分かれば、頭痛も予防することができるうえ、天気によっては体調を整えることができるはずです。

私の場合、雨の日に頭痛が起こりやすいので、頭痛を誘発する光や音の刺激を避け、静かに過ごすようにしています。また、私が通っている頭痛外来の医師曰く、気分が沈みがちなときは、積極的に日光をあびるとよいそうです。

中でも森林浴は適度に日の光が入り、温度・湿度が一定に保たれているので体がリラックスするには最適。木々の香りで気分が安らぐと、免疫力がアップします。

太陽の力を上手に味方につけて、体調を整えることが頭痛だけでなく体の不調の改善にもつながるのだそうです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ