雨の日の起きるつらい偏頭痛の原因と対策は?

偏頭痛が起こって、これから天気が下り坂になるのがわかる人もいると思います。

天気のたびに、頭痛症状に悩まされ、雨の日気分もブルーになってしまいますよね。そもそもなぜ雨の日に偏頭痛は起こるのでしょうか。

雨の日の偏頭痛になる原因と対策について見ていきます。

低気圧がもたらす体調変化について

低気圧の日や、低気圧が近づくと、起こりやすいと言われている症状の代表的なものに、頭痛、めまいや耳鳴り、むくみ、憂鬱になる、眠くなるなどの五つの症状が挙げられます。

しかし、この症状は全員に起きるとは限りません。

低気圧による頭痛、偏頭痛が起こりやすい女性の特徴とは?

雨の日に頭痛や偏頭痛になるのは特に女性が多いと言われています。中でも、生理不順な人や、寝不足がちな人、食事が不規則な人、低血圧な人は、とくに雨の日に頭痛に悩まれやすいと言われています。

頭痛には血管が拡張して起こる偏頭痛と、眼精疲労や肩こりが原因となって血管が収縮して起こる緊張型頭痛、大きく分けて二種類あります。

そして偏頭痛とよばれる頭痛は不規則な食事や自律神経の乱れが原因とされていて、自律神経の乱れやすい雨の日に偏頭痛になる人が多くなります。

雨の日の偏頭痛の対策方法とは

雨の日の偏頭痛は、基本的に気圧の変化という自然現象がもたらすもので、具体的な解決策はないと言われています。

雨の日に起こる頭痛は低気圧によって、自律神経が乱れ、血管が拡張することで引き起こされていることから、首筋や頭を冷やすことで、症状が緩和する人も少なくありません。痛くなった場合には冷やして様子を見てみるといいです。

そして、天気が崩れることがあらかじめ分かっている場合には、前日に長い睡眠をとるなどして対処していきましょう

他には、日頃から規則正しい食生活を心がけ、十分な睡眠をとることによって、ホルモンのバランスや自律神経も整っていきます。

雨の日の温度変化にも注目

雨の日は急激に温度が下がることもあります。急激な温度変化は自律神経にストレスを与えることになります。自律神経にストレスがかかると、体に不調が出やすくなるのです。

普段から偏頭痛がある人は、特に温度変化にも注意し、体を冷やさないように心がけましょう。雨の日の偏頭痛を根本的に治すのは難しいことですが、しっかりと対処法を知り、対処していくことで、辛い症状を軽減することができます。

雨の日も偏頭痛に悩まされないよう、日頃から規則正しい生活を心がけたいですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ