いつまでも続く偏頭痛の対処法は?偏頭痛の種類別解説付き!

何度も繰りかえされる偏頭痛にうんざりしていませんか?偏頭痛に悩む女性は男性の3~4倍と言われています。生活環境からくるものや生理前後にくるものなどがありますが、ここでは偏頭痛の種類に合わせて対処法を紹介します。

姿勢の悪さによる偏頭痛を治すには?

特に近年働き盛りの20代~40代にかけてよくみられるのが、ストレートネックです。首の骨は通常湾曲していますが、これがまっすぐになってしまった状態で、頭の重さが直に骨に響くため肩こりや偏頭痛を引き起こします。

少なくとも毎日1日1回以上はストレッチで肩甲骨から首にかけて筋肉を伸ばすイメージで体を動かしましょう。朝や夜にヨガをするのもおすすめです。

毎日続けることが重要なポイントなのですぐに効果が出ないからと止めずに続けてみましょう。

自律神経失調症による偏頭痛

痛み止めの薬を飲んでも、病院で診察を受けても治らないときは自律神経失調症による偏頭痛を疑ってみましょう。この場合、薬で痛みを緩和することができても根本的な原因を解決するのが難しいのが特徴で、根本的に自律神経のバランスを整えることが必要です。

背骨あたりの筋肉が固くなり、血流が悪くなると自律神経のバランスは崩れてしまいます。背骨には中枢神経が集中しており、背骨の中枢神経を中心に身体の隅々まで自律神経が巡っています。

背筋をほぐすストレッチやマッサージを生活に取り入れるだけで筋肉の凝りが緩和し、自律神経が刺激され偏頭痛が緩和されることがあります。

また、鍼灸でもツボを刺激することで血行が改善し、筋肉の凝りが緩和され、頭痛を解消することができます。一度試してみましょう。

生理前症候群としての偏頭痛

生理前の偏頭痛は、女性ホルモン(エストロゲン)が関与している可能性が高いといえます。エストロゲンは、女性ホルモンの一つとして卵子を育てる作用をします。

生理前、エストロゲンは卵子を成長させる役割が終わるため量が減少します。これに伴い血管が拡張して、頭痛が起こるといわれています。

生理前の偏頭痛は女性特有の生理現象ですので、正直「そのままにする」ことしかできません。ただ、悪化させないために、食事や運動に配慮することをおすすめします。

食事は塩分や甘いもの、カフェインを控えましょう。塩分が多いと体に水がたまりやすく、頭痛の原因となります。また、甘いものは血糖値の変動を生じるため避けましょう。

カフェインは神経過敏を引き起こします。生理前は極力、食事を薄味や健康に良いとされるものをとることが頭痛をおさえるポイントです。

運動に関しては、ストレッチや散歩などを適度に行いましょう。血流を良くして、生理前の頭痛の解消に役立ちます。生理前の偏頭痛はやむを得ないことですので、なるべくストレスをためないよう、痛いときは頭痛薬を飲むなどして適切に対処しましょう。

辛い偏頭痛が5日以上続く場合は?

偏頭痛といってもあなどってはいけません。重大な病気の兆候であることも少なくありません。手遅れになる前に、脳神経外科など多角的に診察してもらえるような科を受診しましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ