やってはいけない?偏頭痛とマッサージの関係について知ろう!

巷には「頭痛に効くマッサージ法」というような記事が沢山ありますが、一般的な頭痛と違って、偏頭痛ではマッサージをしてはいけない場合があることを知っているでしょうか?効果のある場合もありますが、逆に頭痛を悪化させてしまうこともあるのです。

そこで今回は、偏頭痛とマッサージの関係について詳しく説明します。

それって本当に偏頭痛?頭痛の種類を確認する

一口に頭痛といってもその性質によって種類が分かれますから、まずはそのことを理解しましょう。

偏頭痛の痛みの特徴

偏頭痛とマッサージの関係について知る前に、自分の頭痛が本当に偏頭痛なのか、それとも一般的な緊張型の頭痛なのかを知る必要があります。なぜなら、一般的な頭痛ではマッサージが効くことが多いですが、偏頭痛の場合は逆効果になる危険があるからです。

一般的な緊張型頭痛は、頭全体や後頭部が締め付けられるような痛み(じわりと鈍い痛みが広がるような感覚)が感じられますが、多くの偏頭痛では頭の片側や両側の血管がズキズキと脈打つような痛みとなります。

吐き気があるかどうか

緊張型頭痛では首や肩のこりとともに「めまい」などが起こることがあり、歩いたり走ったりすると痛みが軽くなる場合があります。しかし偏頭痛は動き回るとほぼ間違いなく症状が悪化し、酷い場合は吐き気が襲ってきたりするのが特徴です。また、光に過敏に反応してしまうようになり、騒音も避けたいと思うようになります。

まずはこういった症状から、今起こっている頭痛が偏頭痛なのか他の頭痛なのかを判断することが重要です。それによって適切な対処の仕方が変わってくるからです。

偏頭痛にマッサージは厳禁?血液の流れに注目する

一般的にマッサージは身体にとってよいものとされています。しかし偏頭痛の治療を考える場合は、マッサージは効果があるどころか、逆に症状を悪化させてしまう危険もあるのです。ここでは偏頭痛の原因とマッサージの危険性について説明します。

偏頭痛の原因は?

実は偏頭痛がどういったメカニズムで起こるのかについて、いまだ原因が完全に解明されているわけではありません。ですが、一般的には頭の血管が拡張し、それによって周囲の神経が圧迫されたり引っ張られたりして痛みが生じるとされています。

ですからこの「血管の拡張」という点にフォーカスすることが、偏頭痛対策として有効となります。つまり、マッサージが効果的なこともあれば逆に頭痛を悪化させてしまう危険性があるかどうかは、この頭部の血管への影響を考えなければならないのです。

下手なマッサージが偏頭痛を悪化させるワケ

結論をいえば、頭部への直接的なマッサージなどで血液の流れをより促進してしまうと偏頭痛が悪化してしまうおそれがあります。巷では頭痛に効くマッサージ法などが広く紹介されていますが、自らの頭痛のタイプを理解しないで盲目的にマッサージをしてしまうと、どんどん症状が悪化してしまうことになりかねないのです。

特に頭部や首筋などのマッサージには注意してください。肩や腕まわりなどのマッサージも頭痛を悪化させる危険があります。血液は全身を巡っているため、一部で血行がよくなるとそれが頭部にまで影響するからです。

偏頭痛と肩こりの症状を感じている人は、肩こりは一時的に解消されるかもしませんが、それがさらなる頭痛の引き金になり得ることも覚えておく必要があります。

マッサージが頭痛に繋がる?自分なりのパターンを発見する

マッサージが危険である可能性を指摘しましたが、それが本当に自分の偏頭痛を悪化させるのかどうかを自分なりに確認してみる必要があります。そのためにお勧めの方法を紹介します。

偏頭痛のタイミングを記録しよう

頭部や首筋へのマッサージが偏頭痛の際には危険だという説明をしてきましたが、たとえ偏頭痛の症状が出ていないときでも、マッサージによって頭痛が誘発されてしまうこともあります。

しかしこれには個人差がありますから、普段から全くマッサージをしてはいけないということではありません。そこで、いつものマッサージが頭痛に直結することがあるかどうかを自分なりに調べてみることをお勧めします。

頭痛日誌をつけてみる

具体的には肩や首のマッサージをして、数時間あるいは翌日などに偏頭痛の症状が出るかどうかを記録しておくのです。あるいは日常的に日誌をつけておいて、実際に頭痛の症状が発生したときの前に何をしていたかを確認してみましょう。

それによって、自分の普段のマッサージが偏頭痛に直結してしまうタイプかどうかがわかります。もしそういうタイプならば、マッサージ自体のやり方も変えていかなければならないでしょう。

マッサージ以外の解決策は?実際に効く偏頭痛対策

ここではマッサージ以外の偏頭痛対策について説明します。どれも効果の実証されている具体的な方法です。

ポイント1:「安静」にすること

それでは、実際に効果のある偏頭痛対策とはどういうものでしょうか?

ポイントの一つ目は「とにかく安静にすること」です。具体的には以下のような対策が考えられます。

    <「安静」にすることは偏頭痛に有効!>

  • 騒音のする場所を避ける
  • カーテンなどで光を遮断する
  • パソコンやスマートフォンなどの使用をやめる
  • ベッドに横になって目を瞑る

特にベッドや布団にしばらく横になるのが非常に効果的です。その際にはなるべく光や音を遮断するようにしましょう。シンプルですが、偏頭痛には確実に効果のある方法です。

ポイント2:適度に「冷やす」

「安静」にすることが消極的な対策とするならば、この「冷やす」という行為は積極的な偏頭痛対策といえます。ベッドなどで安静にしながら頭の側面や首筋、こめかみなどを濡れタオルやアイスノンなどで冷やしてみましょう。

冷たいタオルを当てるだけで楽になるのが実感できるはずです。ただし、アイスノンなどは直接身体に当ててしまうと冷えすぎてしまいますから、必ずハンドタオルなどに包んであてるようにしましょう。

この方法でしばらく横になっていれば、ほとんどの場合は痛みが引いていきます。頭痛の時間には個人差がありますが、下手に動かず楽にしていれば、ほとんどの場合は時間経過とともに治ってきます。

マッサージは本当に効果がないのか?偏頭痛に効く「ツボ」はある

これまでマッサージの危険性について説明してきましたが、全てのマッサージに類する行為に効果がないというわけではありません。最後に「ツボ押し」の有効性について説明します。

「百会」や「風池」などのツボを活用する

これまで偏頭痛の際のマッサージは危険という話をしてきましたが、どんなマッサージでも絶対に駄目というわけではありません。特に偏頭痛に効く「ツボ」というものもありますから、それをうまく活用することによって頭痛が和らぐ場合もあります。

たとえば「百会(ひゃくえ)」という頭のてっぺんにあるツボをやさしく時間をかけて押してみたり、あるいは耳の後ろの少し下側とうなじの間にある「風池」と呼ばれるツボを刺激することで痛みが楽になることがあります。

「ツボ押し」もやりすぎはNG

ただし、他のマッサージ同様、あまり強く刺激しすぎたり、何度も同じ場所ばかり押していると効果がなくなってきたり、逆に頭痛がひどくなってしまうこともありますから注意してください。

ポイントは時間をかけてやさしく押すことです。ツボの周辺で気持ちのよい場所を自分なりに探してみるのもよいでしょう。ですが既に説明したように、血管の拡張が痛みをもたらしていますから、痛みが増すようならすぐに止めるようにしましょう。

まとめ

偏頭痛は血管の拡張がもたらすとされていますから、無闇なマッサージは症状を悪化させてしまうことがあります。人によっては日頃のマッサージが頭痛に繋がる可能性もあるので、自分なりに頭痛の発生した日時などを記録しておいて、マッサージが原因となっていないかを確認してみましょう。

そして偏頭痛には「安静」にすることと「冷やす」ことが効果的であることを憶えておきましょう。ツボ押しも有効な場合もありますが、やりすぎには注意してください。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ