注意!間違えがちな5つの偏頭痛への対処法は?

偏頭痛が起きたらする対処法の中には、間違いもあります。

誤った対処法のせいで症状を悪化させてしまうこともあるので、注意しましょう。

間違い1:鎮痛剤

鎮痛剤は偏頭痛の辛い症状を和らげるのに最適なもので、完全に間違いというわけではありません。しかし、あくまでも痛みを一時的に抑えているだけにすぎません。

最も良くないのが、痛みを麻痺させようと多くすぎる量を服用したり、時間を空けずに飲んだりすることです。このような事を繰り返すと、次第に薬は効かなくなって頭痛もひどくなっていきます。

間違い2:コーヒー

コーヒーを飲むのも偏頭痛の対処法としてアリなのですが、飲み過ぎると今度はカフェイン依存症になって、倦怠感や新たな頭痛を生んでしまいます。

予防はできないので、頭痛が起きる前に飲んでも意味はありません。

血管が拡張して痛くなったときにコーヒーを飲むと痛みが軽減しますが、治るわけではありません。

時にはコーヒーを飲まない日を設けるとか、飲むのは1日2杯から3杯まで、夕方以降は飲まないという決まり事を作って実行しましょう。

間違い3:お風呂

そしてお風呂でゆったり浸かる行為も、よくありません。緊張性頭痛にはいいですが、偏頭痛なのにお風呂で体を温めてしまうと血管が拡張し、痛みが倍増します。

偏頭痛は温めるよりも冷やすが鉄則なので、発作が起きたらこめかみを冷やすといいでしょう。

間違い4:ストレッチ

ストレッチなども要注意です。体を動かすと血行がよくなり、痛みが強くなります。ドクドクと早くなる脈に合わせて強い痛みが来るのは、最悪ですね。

偏頭痛ならなるべく体を動かさず、光も音もシャットアウトして休むのが大切です。

間違い5:マッサージ

また、マッサージもよくありません。血行をよくするようなリンパマッサージをすると、頭痛が悪化してしまうことがあります。

偏頭痛の症状がある日は、リンパマッサージはしてはいけません。ただし、偏頭痛にいいとされるツボ刺激や針などは対処法として良いでしょう。

体調が悪いときは吐き気が悪化するかもしれないので、痛みの症状が軽いときに行うようにして下さい。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ