頭痛に悩んでませんか?慢性頭痛への対処法ですっきり解決を!

生まれてから一度も頭痛になったことなんかないとういう方はおられるのでしょうか?おそらくほとんどいないでしょう。

特に平日、昼間の鳴りやまない電話の嵐に質疑応答の対処、面倒な人間関係から発生するトラブル、押し付けられる仕事、書類の山…。

夕方、ほとんどの人が帰った後ズキズキとおそってくる頭痛…。

そこで今回、(もうこんな頭痛イヤだ!)(仕事に手中できない…)(気が滅入る…)というような頭痛に悩まされる方のために、慢性頭痛への対処法を紹介していきます。

慢性頭痛への対処法その1首から首周辺へかけての筋肉のこうちゃく(コリ)をとる

頭痛の中でも多くの方がかかりやすい緊張型頭痛に最も効果を発揮す対処法です。

多くの頭痛の原因は、背中の(広背筋)や首周辺の筋肉である(憎帽筋)などの疲労によりコリから始まりそれが首周りの筋肉の(肩甲挙筋)のコリへと発達し、それが頭痛の原因となります。

さらに、たちの悪いことに1度この流れで頭痛が発生するとその痛みで更なる緊張によりコリを生み出し、頭痛がさらに悪化するという

負のスパイラル

に巻き込まれていってしまいます。

ですから、この筋肉の疲労(コリ)が発生している箇所をストレッチや箇所の温めなどを行うことで緊張や疲労を取ってあげることが有効な対処法となります。

慢性頭痛への対処法その2普段よくとる姿勢の負荷バランスを整える

筋肉の疲れ(コリ)がとれただけでは慢性頭痛の対処としては不足です。そもそも、なぜ筋肉の疲れ(コリ)が発生したのかをよく考えてみてください。

ハードなデスクワークなどによる肉体疲労が主な原因だと思われる方が多いでしょう。ですが、それが主な原因だと認識するのは早計です。

デスクワークなどによる疲労が筋肉を疲労させるのは確かですが、一番重視するのはそこではなく、「長時間同じ姿勢をとっていた(しかもかたよった姿勢で)」ということが重要です

例えば、何もしてなくても長時間椅子に座っているとき疲れてきたりしませんか?実はこの座るという行為をとっているだけでも、場合によっては動いている時よりも筋肉は疲労していきます。

動いてないのになぜ?と思う方は多いでしょうが、まず腕を前に出しているだけで広背筋は引っ張られていますよね?デスクワークではそのような引っ張られた状態がずーっと続くわけです。

さらに、姿勢が悪い状態で長時間同じ状態でいればその負荷がすべて方法の筋肉へと働くわけです。では、どうすべきなのか?答えは簡単です。普段の姿勢に気を配り、体にかかる負担をバランス良くばらけるのです。

そうすることによりコリの発生が抑えられ、結果、慢性頭痛への対策となります。

慢性頭痛への対処法その3ストレスを極力抑え、セロトニン摂取を心掛ける

次に挙げる慢性頭痛への対処法は現代病の元と言われているストレスを抑え、セロトニンの摂取に心掛けるということです。

そもそもなぜストレスが頭痛の原因となるのか?それは、ストレスによる過剰なセロトニンの消費が頭痛発生の原因となっているからです。ストレスを感知するとアドレナリンやドーパミンなどの脳内物質の量が乱れはじめます。

すると脳は大量のセロトニンを発生させこれらの脳内物質の量を調整し、血管を収縮します。こうして精神バランスをとりベストな精神状態にしてくれます。しかし、セロトニンは基本脳内で少量でしか生成されませんので、セロトニンが欠乏してしまうと血管が再び拡張し、抑えられていた血液が一気に流れ出します。

その血管の膨張のせいで頭の神経を刺激してしまい、頭痛へと発展してしまうのです。ですから、ストレスをなるべく抑え、セロトニンの元となるトリプトファンを豆類や赤身の魚などから摂取する必要があります。

慢性頭痛への対処法まとめ

以上の3つの対処法が、私が挙げてみた主な慢性頭痛への対処法です。人によってそれぞれ生活環境などが違うので、これが最善の対処法だとは言い切れませんが、これ以外にもいろんな対処法があると思いますので、それらの方法も考慮し自分に合う対処法なのか実践してみてください。

最後に、注意すべきことをひとつ付け加えさせて頂きます。それは、慢性頭痛と誤認し重度の脳の病気などを見過ごさないでほしいということです。まれに、よく引き起こす慢性頭痛が実は慢性くも膜下出血だったり脳梗塞の前兆だったりすることだってあります。

ですから、この頭痛は明らかに異常だと思ったのならなるべく信頼できる病院、医師に見てもらうことをおすすめします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ