偏頭痛の前兆とは? 気をつけるべき頭痛の前触れを知ろう!

多くの人を悩ませている偏頭痛ですが、人によってはその「前兆」が見られることがあり、ある程度は頭痛の発生を事前に察知できることがあります。それによって予め頭痛を緩和することができたり、発生自体を抑えてしまうことも不可能ではないのです。

今回はこういった偏頭痛の予兆や前兆について考えてみましょう。

感じる人と感じない人がいる?偏頭痛の予兆

まずは偏頭痛の予兆の一般的な特徴と、そのパターンについて説明します。

人によって差異がある

偏頭痛の予兆は人によって感じる人と感じない人がおり、その性質も様々あります。より厳密には数日前から起こる「予兆」と実際に頭が痛くなる直前の「前兆」というふうに分類でき、どういう症状が出るかはその人の日頃の生活や身体の状態によって変わってくるのです。

たとえば、実際に偏頭痛が起こる数日前から数時間前にわたって精神的にムラが出てきたり、情緒が不安定になったり、あるいは原因不明の疲労感などに見舞われる人がいます。その原因を確認する前にいつの間にか頭痛が発生してしまっているわけです。

ですが、こういった予兆を感じるのは偏頭痛持ちのなかでも少数派だといわれます。

前兆にはパターンがある

一方、偏頭痛の前兆は実際に頭痛になる直前に起こるもので、ある程度パターンが決まっているものです。具体的には以下のような前兆が考えられます。

    <頭痛の前兆となる症状>

  • 視界に「もや」がかかったような状態になる
  • 手足が軽くしびれる
  • 目の前が「チカチカ」する
  • 視野の一部が何となく見えづらくなる

こういった症状が頭痛の前兆として表れます。特に最後の視界の一部が見えづらくなる現象は「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれるもので、実際に経験する人は少数ですが偏頭痛の前兆として有名な症状です。

「閃輝暗点」って何?具体的な症状を知ろう

次に、偏頭痛の予兆として有名な「閃輝暗点」について説明をします。

光が飛び回る?

この「閃輝暗点」についてもう少し詳しく説明すると、自分の視界に本当は存在しない「光」のようなものがチカチカと明滅し、それが目の前を飛び回るような感覚のことを指します。

そして実際に偏頭痛が起こる際は、その光が徐々に大きくなってくるように感じ、症状が重い場合は視界そのものが塞がるように見えなくなってしまうこともあります。あるいは視界全体がぼやけてしまうという症状も報告されています。

偏頭痛の最中にも起こることがある?

そしてこれは頭痛の前兆だけではなく、頭痛が今まさに起こっている最中にも同じような症状が出ることがあります。目を瞑ると暗闇の中を様々な光が飛び回っているような感覚になります。そして頭痛が引いていくについて、いつの間にか症状が消えているというのがよくあるパターンとなります。

頭痛の原因は?誘引となるものを排除しよう

偏頭痛は痛みだけにフォーカスしていても根本的な解決はできません。まずはその「誘引」となるものを排除する必要があるのです。ここでは偏頭痛の予防について考えます。

痛みさえ引けばよいと考える人が多い

こういった様々な偏頭痛の予兆・前兆は誰もが経験するわけではなく、どちらかといえば偏頭痛持ちのなかでもごく少数の人のみです。多くの人はいつの間にか頭痛になっていたり、突然頭が痛くなってきたりというケースがほとんどでしょう。

そして、偏頭痛は一度症状が治まるとその痛みがすっきりと消えてなくなってしまいますし、その後遺症もありません。ですので実際に痛みが出ているときだけ頭痛薬を服用して痛みを抑え、その具体的な原因について考える人は多くないのが現状です。

予防についても考えよう

ですが偏頭痛の対応で重要なのは、なるべく自分で原因を特定することによって、薬に頼らずに頭痛をコントロールすることです。近年は予防医学というものが注目を集めていますが、病気と同様に偏頭痛についても、自分なりに事前に痛みを防いだり和らげたりする努力が必要となるのです。

日常生活こそ大事?頭痛の誘引を避けよう

不摂生な生活を送っていると偏頭痛に見舞われやすくなってしまいます。ここでは最もポピュラーな頭痛の誘引である生活リズムについて説明します。

生活リズムを整える

特に慢性的な偏頭痛に対しては、単純にその場の痛みが引けばよいというだけではなく、長期的な視点から頭痛の予防について考えなくてはなりません。

一般的に偏頭痛は頭部の血管が拡張することによって、周囲の神経が圧迫されたり引っ張られたりして痛みが起こるものです。その大きな要因の一つとして「生活リズムの乱れ」が挙げられます。

毎日夜更かしをして生活のリズムが狂ってしまっていたり、過度なストレスに長い間晒されているような状態は偏頭痛の種になってしまうことはよく知られています。生活リズムは一人ひとりの意識ですぐに改善できるものですから、今現在偏頭痛に悩まされている人は自分の生活リズムについて見直してみましょう。

睡眠の質も重要

特に睡眠の質は重要で、睡眠不足だったり逆に寝過ぎてしまうような生活を続けていると次第に身体の免疫が弱くなってしまいますから、それだけで頭痛の頻度が上がってしまうようになります。

睡眠の質が悪化することによって普段から身体の調子も悪くなり、いざ偏頭痛の予兆があったとしても、それが本当に偏頭痛の前触れなのかどうかもわからなくなってしまいます。ですから、生活リズムを考えるうえでは、特に睡眠に注目するようにしてください。

予兆や前兆が起こったらどうする?早めの対策を!

最後に、いざ偏頭痛の予兆や前兆が起こったときの対策について簡単に説明します。

対処法は比較的簡単

それでは、実際に偏頭痛の予兆や前兆が起こったと感じたらどうすればよいのでしょうか?

残念ながら、100%確実に偏頭痛を回避できる手段というものはありません。ですが、痛みが発生する確率を下げることは沢山あります。

たとえば光の強い場所を避けたり、パソコンの使用を自粛したりといったことは意識しておけばすぐにできるはずです。騒音などが痛みの引き金になることもありかすから、そういった場所を避けることも有効になります。

またこれは当然のことですが、頭痛の予兆があるときの飲酒は厳禁です。アルコールは血管を拡張させる効果がありますから、偏頭痛の症状を悪化させてしまいますし痛みが長引く原因となってしまいます。

こういった簡単にできる対処法で頭痛そのものを避けることができる場合があるので、しっかりと対策をとるようにしましょう。

場合によっては投薬も

それでも効果がなさそうな場合は、痛みが出る前や酷くなる前に薬を飲むことも大事です。盲目的に薬物に頼ることは控えるべきですが、たとえば「トリプタン製剤」や「エルゴタミン製剤」といった偏頭痛に効く薬を処方してもらっておけば、いざというときに役立ちます。

もっとも既に説明したように、ただ薬物ばかりに頼るというのは困りものです。薬は投与しすぎると徐々に効かなくなってしまう場合がありますから、まずはなるべく自分の力で予防することを第一に考えるべきです。それでも頭痛が避けられないことがわかった時点で、自分に合った薬を使うようにしましょう。

まとめ

偏頭痛の前兆は感じることのできる人とそうではない人がいます。あなたがもし前兆や予兆を感じることができるならば、なるべく早めの対応を心がけてください。それだけで頭痛そのものを回避できることがあります。

また、日頃から生活リズムを整え、睡眠の質を上げておきましょう。それだけで頭痛の頻度を減らすことができますし、痛みが出たときの回復も早くなります。自分に合った薬を使うことも大事ですが、それ以上に自分なりの予防法を確立しておくことが重要なのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ