偏頭痛で鎮痛薬に頼らない治し方は?環境を考え体質改善が必要

偏頭痛は最初、鈍い小さな痛みです。

しかし、そのまま放っておくと徐々に痛みが大きくなり、しまいにはガンガンと頭を割られるような痛みに変わっていきます。

偏頭痛の症状が出てきたら、早めに対策を取って頭痛を長引かせないようにすることが大切です。

ちょっとした環境の変化で起こる偏頭痛

偏頭痛は気温や天候の変化などで起こりやすくなります。また、疲労が溜まってくると偏頭痛を起こしやすくなります。さらに女性の場合は生理などの、身体の変化の時期にも起こる人もいます。

偏頭痛は自律神経と関係しているようで、睡眠不足や逆に寝過ぎた時にも頭痛が起こる場合があります。偏頭痛が起きた時は早めに痛い場所を冷やしてあげることで、頭痛が和らぐことがあります。

できれば偏頭痛が治まるまで、頭の痛い部分などを冷やして横になって安静にしているのが良いでしょう。その時に眩しい光などは、頭痛を助長してしまいます。静かな暗い場所で安静にしていることが大切です。

鎮痛薬を服用して早めに痛みを取る

しかし、仕事中などなかなか休めない状況の時に偏頭痛が起こる場合もあります。そのような時は早めに鎮痛薬を飲むと良いでしょう。

偏頭痛の症状が重くなってくると吐き気をもよおしてしまい、せっかく飲んだ鎮痛薬も吐いてしまうので、治りが非常に遅くなってしまいます。早めに薬を飲むことで症状が小さいうちに偏頭痛の痛みから解放されるようになります。

しかし、鎮痛薬の効果は個人差があります。薬局に行くといろいろな鎮痛薬が売っていますが、中には効果があまりないものや、効くまでに時間がかかってしまうものもあります。

鎮痛薬による副作用

逆に鎮痛薬が効きすぎて、胃痛やしびれ、湿疹などの副作用を引き起こすことがあります。自分に合う鎮痛薬がない場合や、服用回数が多い場合は、医療機関を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。また体質的に薬が受け付けない人も、専門医に相談するようにしましょう。

偏頭痛はちょっとした環境などの変化で起こることが多いのですが、偏頭痛にならないような体質改善を行っていくことも必要です。そのためには体力や免疫力を付けて行くとともに、偏頭痛になりやすい環境に身を置かないように気を付けることも大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ