いつも悩まされている偏頭痛っていたい何?原因は女性ホルモンにあった!

原因が分からない偏頭痛に悩まされている。当てはまる人はたくさんいると思います。

それもそのはず、現代の日本では4人に人が頭痛持ちだと言われているくらいたくさんの人が日々頭痛に悩まれているのです。

しかし「いつものことだから」と、病院には行かない人が半数以上だそうです。

しかし、現代医学の進歩によって偏頭痛のメカニズムは解明され始め、特効薬も開発されてきています。

偏頭痛の仕組みなどをしっかり理解したうえで自分に合った治療法を見つけていきましょう。

偏頭痛とは?

世の中には「慢性頭痛」という症状があり、偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3種類があります。

その中でも、偏頭痛とは頭の血管が関係しています。光や音、ストレスなどの刺激によって頭の中の血管が拡張されます。すると、血管の周りにある三叉神経が圧迫され、痛みの原因となる「神経ペプチド」という物質を分泌します。

この神経ペプチドが分泌されることによって血管の周りに炎症が起こり、その炎症を感じた血管はさらに拡張する。そしてまた三叉神経が刺激され神経ペプチドが分泌される…という悪循環になることで大脳が「痛み」として全身に伝達してしまい偏頭痛が起こるのです。

偏頭痛には女性ホルモンが関係

偏頭痛の誘因は人によってさまざまで「睡眠不足・睡眠過多」「天候の変化」「絶食」などがありますが、女性で最も多い誘因は「月経」です。偏頭痛には女性ホルモンが重要な働きをしているのです。

そのため、女性は男性に比べて偏頭痛の有病率が3倍であるといわれています。では女性ホルモンはどのように偏頭痛に影響しているのでしょうか。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は月経周期によって大きく変動します。

このエストロゲン分泌量の急激な変動が頭痛発作に大きく関係しているのです。生理が来てから卵胞期の間はエストロゲンの量が増えます。排卵が起こってから黄卵期の間はエストロゲンの量が減り、代わりにプロゲステロンというホルモンが増えます。

そして、偏頭痛はエストロゲンの量が多い時期と、量が変動する時期に起こりやすいのでエストロゲンの量が多い生理中とエストロゲンの量が変動しやすい生理の来るあたりに偏頭痛が起きやすいのです。

そのため、女性は「月経」が来る2日前くらいから始まって3日目くらいまでは偏頭痛がひどくなるのです。

偏頭痛の症状とは?

慢性頭痛の症状は種類によって変わってきます。そのため、対処・治療法も変わってくるのです。

その中でも偏頭痛は、週2~月1回程度間欠的に起こり、頭の片側にズキンズキンとした脈を打つような痛みが4~72時間続きます。吐き気や嘔吐、または光や臭いが気になるといった症状もあり、頭痛の前兆としてギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えなくなることもあります。

動くと痛みが悪化し、時には寝込むほど痛むこともあります。このような症状が出ると、その場所を押す・ほぐすなどのマッサージをしてしまいがちですが、これは血行をよくしてしまうので逆効果になります。

運動や入浴も血管が拡張した状態を維持し続けてしまうので痛みが治まらないので気を付けましょう。

薬による治療法

偏頭痛の治療は薬物療法が中心となります。頭痛の発作が起きたときに服用する薬と発作を起こりにくくする予防薬があります。

発作が起きたときに服用するものには病院で処方されるものと薬局で購入できる市販の鎮痛剤があります。また、頭痛の程度にかかわらず吐き気がある場合は制吐剤の併用をするとよいでしょう。

また予防薬とは偏頭痛の発作が月に2回以上ある場合や、鎮痛剤では痛みが治まらず、日常生活に支障を及ぼす場合に勧められます。これは発作が起こりにくくなるように毎日服用しますが、頭痛発作の回数を減らしたり、痛みを和らげるためのものなので完全に頭痛が起こらなくなるというわけではないことのに気を付けましょう。

薬物の使用過多による頭痛

薬によって痛みを和らげることはできますが、頭が痛いからといって毎日のように服用しているとかえって症状をこじらせてしまうこともあります。頭痛薬を月に10日以上飲んでいる場合は薬剤の使用過多による頭痛に陥っている可能性もあります。

基本市販鎮痛薬の飲み過ぎによるものが多いですが、医師から処方された薬によって起こります。そのような場合はまずは思い切って原因となる薬を2か月間中止してみましょう。

そうすると反動で激しい頭痛や吐き気などを生じることもあるのでその場合は予防薬や原因薬剤以外の治療薬で対処します。そうしていると毎日起こっていた頭痛が減り、もともと起きていた頃のような偏頭痛の症状に戻るので、そこから自分に合った治療をしていきましょう。

また、ピルを服用した場合でも偏頭痛が起こりやすくなります。ピルにはエストロゲンが含まれていて、21日間服用し、7日間休薬します。

そのため血中のエストロゲンの量が低下した休薬期間に偏頭痛が起こりやすくなるのです。そのため、偏頭痛の人がピルを使用する場合は服用できないこともあるので必ず医師に相談しましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ