偏頭痛なんてうんざり!でも上手に付き合っていこう! 女性 38歳 H.I.さん

私は偏頭痛と長い付き合いをしていますので体験談をお話ししたいと思います。

偏頭痛は十代の頃に発症

はっきりとは覚えていませんが、十代の頃には偏頭痛があったと思います。今より症状も軽かったこともあり自分で偏頭痛とは気付いておらず、度々頭痛が起きて嫌だなぁ程度に思っていました。

偏頭痛がやってくるタイミング

最近、ひと月のなかで定期的に波があることに気付いたのですが、排卵日前後に偏頭痛が出ることが多い気がします。女性ならではの体のリズムや調子に偏頭痛も関係しているのかもしれません。

しかしそれだけではなく、ひどく疲れたとき、寝不足のとき、逆に寝すぎてしまったとき、コンタクトの調子が悪くて目が疲れてしまったとき、頭を強く打った後、頭を激しく動かした後(ジェットコースターに乗った後など)・・・といろいろなタイミングで偏頭痛が発症してしまいます。

偏頭痛が出てしまったら

偏頭痛になったときは、動くと血管の収縮と一緒にズキンズキンと痛むので、まずはおとなしく横になります。そして、コーヒーを飲みます。カフェインの作用で血管が収縮して偏頭痛が軽減するとのことなので、まずは試すようにしています。

コーヒーで治まる程度のときもありますが、治らない場合は次に保冷剤を耳の後ろやうなじ、こめかみ辺りに当てて冷やします。頭の太い血管を冷やして収縮するといいとのことです。

冷やして横になっていれば軽減することが多いですが、それでも治らなければ薬を飲みます。薬は、程度が軽ければ市販の頭痛薬を飲み、痛みが強い場合は頭痛外来で処方してもらった偏頭痛薬を飲みます。

これ以上はやれることがないので、痛みが治まるまでじっと我慢するしかありません。

前兆を察知して事前予防

私の場合、前兆として普段より異常にお腹がすいたり、ひどく喉がかわいたりすることがあります。

特に排卵日前後にそのような症状を感じたら、事前予防策として早めにコーヒーを飲んだり、あまり激しく動かないようにしたり、出掛ける必要があるなら頭痛薬を持って出掛けたり準備しておきます。

日頃から気をつけることも大事

赤ワインやチョコレート、チーズ等は血管を膨張させて偏頭痛になりやすい、とよく言われますので、必要以上に摂らないようにしています。すべて排除してしまうと楽しみがなくなってしまいますので、特に排卵日前後には避けるように気をつけたり、いくつも食べ合わせ、飲み合わせをしないように心がけています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ