簡単!薬を飲まないですぐに出来る偏頭痛の対処法

痛みを押さえるには頭痛薬の使用が一番ですが、飲み過ぎはよくないですし妊婦やアレルギーなどで飲めない人もいます。

そこで、薬を使わずに偏頭痛をやり過ごす対処法を調べてみました。

すぐ出来るのは頭を冷やす!

偏頭痛が起こってしまうのは、血管が拡張するためだと考えられています。血管を収縮させれば痛みを抑えられるのですが、それには「頭を冷やす」という対処方法があります。

痛む部分に冷たく絞ったタオル、飲み物の入ったコップや缶でもいいのであてがって冷やします。外出先でもサッとできるので、応急処置として知っていると便利ですね。

ただし、眼精疲労や肩こりからくる緊張性頭痛の場合は逆効果です。その場合は首や肩を温めるのが大事です。そして、ハチマキをするという方法もあります。

時代劇で殿様がハチマキをしている姿を見たことありませんか?あのような感じでこめかみの血管部分を少し圧迫するようにハチマキをすると、偏頭痛を押さえることができます。

ハチマキにするのはできるだけ伸縮しない布がベストです。さすがに職場ではできませんが、自宅にいるときに試してみるのもいいでしょう。

お風呂は?

ではお風呂はどうでしょうか?お風呂に入ると頭もスッキリしそうな気もしますが、実は偏頭痛の症状が悪化してしまいやすいです。温かいお湯に浸かると血管が拡張に、血流が良くなりますね。すると痛みが増幅してしまうのです。

こめかみがズキズキするような明らかな偏頭痛の発作が起きているときには湯船に浸かるのは避け、短時間でシャワーを済ませるようにしましょう。

職場で急に偏頭痛!

今度は職場で急に偏頭痛の発作が起きた時のことを考えてみましょう。偏頭痛の中には、前兆があるタイプがあります。特に閃輝暗点(せんきあんてん)という視覚障害が起こると、数十分発作がおきて仕事が手につかなくなることもあります。

このような問題を抱えている人は、生活習慣を常日頃から正す努力をし、病院へかかって自分にあった薬を処方してもらうのが一番です。また、可能なら頭を冷やすなどの対処法を取り、少しでも痛みを軽減するようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ