注意!急場しのぎで頭痛薬を飲み続けると薬物乱用頭痛になる!?

偏頭痛の症状を和らげる対処法のひとつに、薬を飲む方法があります。しかし薬の選び方や飲み方に注意しないと、かえって逆効果のこともあります。

すぐに薬に頼るのはよくないという考えの人もいますが、突然襲ってきた痛みのせいで作業がままならないのであれば、頭痛薬で対処するのもいいでしょう。

常備しておきたい市販薬

急を要する時に役立つのは、やはり市販薬です。市販の頭痛薬には様々な種類がありますが、その成分によって偏頭痛に効かなかったり、体質に合わなかったりします。

市販薬は症状が軽い時、発作が起き始めた時に飲むと効果があります。つまり、症状が悪化して飲んでもあまり効かないということですね。

ポピュラーなところではイブクイックやロキソニン、バファリンなどがありますが、自分にとって合うと思う薬を選びましょう。過去に鎮痛剤でアレルギー発作が起こった人は、薬の成分に気を付ける必要があります。

乱用に注意!

しかし便利な鎮痛剤も飲み方次第です。毎日のように痛む頭痛のせいで、まるで頭痛薬をサプリメントのように飲む人もいますね。でもこれは誤った対処法です。月に15日以上頭痛薬を飲み続けている人は、「薬物乱用頭痛」になっている可能性が高いです。

薬物乱用と聞くととても怖い言葉に思えますが、市販薬や医師から処方された薬の用法をちゃんと守らず飲み過ぎると薬物乱用頭痛になってしまうことは多いです。

頭痛薬は痛みを押さえるためのもので、原因を取り除くものではありません。痛みが来るのが怖いからといって飲み過ぎてしまうと薬は効きにくくなってしまいます。

辛い時には我慢せず市販薬で急場をしのぐのも悪くないですが、それは根本的な解決にはなりません。慢性化しているのにずっと市販薬で対処しようとしていると、そのうち薬物乱用頭痛になってしまう可能性もあります。

長引く偏頭痛で悩んでいる人は頭痛に詳しい医師を探し、体にあった薬を処方してもらいましょう。そして根本的な対処をするのが大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ